nuro光は遅い?nuro光の平均速度や最高速度を大検証

nuro光は遅い?nuro光の平均速度や最高速度は実際どれくらいなのか

nuro光は遅い?nuro光の平均速度や最高速度は実際どれくらいなのか

nuro光は遅い?nuro光の平均速度や最高速度は実際どれくらいなのか

光回線の中でも最も通信速度が最速であると言われている「NURO光」。

その一方で通信速度が遅いと感じてしまうという声もあったりするようですが、実際のところは果たしてどうなのでしょうか?

NURO光(ニューロ光)の評判と口コミ。エリア内のマンションで使用ならあり

光回線の速度。ネット回線速度の目安と平均。インターネットが遅いと思ったら確認 

ベストエフォート値を見る

ベストエフォート値を見る

光回線の中では最速とされているNURO光ですが、その具体的なベストエフォート値(下り最大通信速度)に関しては、通常プランでもMAXで2Gbpsの速度が出ると言われています。

光回線 最大通信速度(下り)
NURO光 2Gbps
auひかり 1Gbps
ソフトバンク光 1Gbps
ドコモ光 1Gbps
フレッツ光 1Gbps

このように他の光回線に比べても抜きに出て速いですね。

ただしこれはあくまでもベストエフォート値であり、いわゆる理論上の最大通信速度でしかありません。

なのでNURO光のもっと具体的な通信速度を知るためには、実際に使用した場合の通信速度について詳しく見ていく必要があります。

nuro光の実測について大検証

nuro光の実測について大検証

NURO光の具体的な通信速度を知るためには、ベストエフォート値だけでなくその実測について把握しておきたいところですが、この具体的な数値というのは果たしてどの程度になってくるのでしょうか?

以下ではNURO光ユーザーによる、通信速度のスピードテスト内容に関するツイートです。

このようにNURO光の実測値としては、速ければ大体500Mbps~1Gbps近く、そして遅ければ100Mbps程度かそれ以下になってくるようです。

nuro光の2Gbpsは他の光回線よりは早いが…

nuro光の2Gbpsは他の光回線よりは早いが…

NURO光のベストエフォート値2Gbpsは確かに他の光回線に比べればダントツで速いわけですが、実測値になってくると大抵の場合その半分にも満たないという結果になりました。

ただインターネットを利用する場合100Mbps以上もあれば、高画質の動画の閲覧やFPSなどのオンラインゲームも快適にプレーできるレベルなので、実測値はベストエフォート値からはかなり低めではあるものの、やはりNURO光の通信速度は十分に実用的であると言えるでしょう。

ちなみにNURO光の通信速度がベストエフォート値よりもかなり遅いと感じた場合は、なんらかの原因によって速度が低下しているものだとも考えられます。

nuro光が遅いと感じる場合の原因と対策について

nuro光が遅いと感じる場合の原因と対策について

NURO光の通信速度が最大速度よりも非常に遅い場合は、なんらかの原因が考えられますが、その原因というのは一体何なのでしょうか?

NURO光が遅いと感じる原因については、主に下記のようなことが挙げられます。

  • そもそもNURO光の回線の調子が悪い
  • LANポート性能によるもの
  • LANケーブルによるもの
  • パソコン側の規格によるもの
  • OSのバージョンが最新でない
  • セキュリティソフトによるもの
  • ハードディスクによるもの。最適化を行う
  • ファイルの断片化によるもの

そもそもNURO光の回線の調子が悪い

そもそもNURO光の回線の調子が悪い

NURO光の方で通信障害が起きている場合は、回線速度が遅いと感じたり、回線が繋がらなくなる原因になります。

通信障害が起きている場合はこれといった対処方法もなく、障害が復旧するまで待つほかありません。

ちなみにNURO光で通信障害が発生しているかどうか確認するには、NURO光の公式WEBサイトである障害・メンテナンス情報ページで行うことができます。

公式サイトでもアナウンスがない場合は、ツイッターなどSNSで他のユーザーの反応をチェックすると良いでしょう。

LANポートの性能によるもの

LANポートの性能によるもの

NURO光の通信速度が遅いと感じる原因は、LANポートの性能によるものだとも考えられます。

LANポートというのはパソコン側にあるLANケーブルの差し込み口のことで、これが古いタイプのモノであればNURO光がいくら頑張っても通信速度がある一定のところで留まってしまいます。

このことからLANポートが古いタイプのものでその性能が低ければ、いくら速いと言われているNURO光でも通信速度が遅く感じてしまうことがあります。

LANポートの性能が原因の場合の対策

LANポートの性能が原因の場合の対策としては性能の良いLANポートを外付けすると良いでしょう。

ちなみに現在使用しているLANポートが問題なく1Gbpsに対応しているかどうかを確認するには、windows10だとパソコンの「デバイスマネージャー」から行うことができます。

具体的な手順としては下記の通りです。

デバイスマネージャーを選択

 

まずはパソコン画面左下にあるwindowsアイコンを右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。

ネットワークアダプターの確認

次に「ネットワークアダプター」をダブルクリックし、使っているネットワークアダプターをダブルクリックして「詳細設定」タブを開きます。

そしてプロパティに「1000BASE-T」「GBE」「Gigabit」と書かれていれば1Gbpsに対応しているということが分かります。

LANケーブルによるもの

使用しているLANケーブルが古い規格のもので、性能が低いのであればそれが原因で通信速度が遅くなっていると考えられます。

ちなみにLANケーブルには下記のような規格のモノが存在しています。

規格 対応可能な通信速度
CAT5(カテゴリー5) 100Mbpsまで
CAT5e(カテゴリー5e) 1Gbpsまで
CAT6(カテゴリー6) 1Gbpsまで
CAT6a(カテゴリー6a) 10Gbpsまで
CAT7(カテゴリー7) 10Gbpsまで

このようにカテゴリー5のLANケーブルであれば、100Mbpsまでしか対応していないので、NURO光の通信速度を存分に実感することができません。

また規格が古いこと以外でも、LANケーブルを長年使っており、性能が劣化しているのであればこれもまた通信速度が遅いと感じる原因にもなります。

LANケーブルが原因の場合の対策

LANケーブルが原因の場合の対策

使っているLANケーブルが古い規格のモノであれば、新しいタイプのものに買い替えると良いでしょう。

また長年使っているようなものであれば、劣化により性能が低下している可能性が考えられるので、この場合も新しくて性能の良いものに買い替えると良くなるかもしれません。

パソコン側のwifi規格によるもの

パソコン側のwifi規格によるもの

wifi接続時の場合、パソコン側のwifi規格が十分に速度が出せるものに対応していなければ、NURO光の回線速度も遅く感じしてしまう原因になります。

ちなみにwifi規格には下記のようなものが存在しています。

規格 最大通信速度
IEEE802.11ad 6.7Gbps
IEEE802.11ac 6.9Gbps
IEEE802.11n 300Mbps
IEEE802.11a 54Mbps
IEEE802.11g 54Mbps
IEEE802.11b 11Mbps

このようにそのwifi規格によっては、100Mbpsも出せないような規格もあったりします。

そうした規格であると最大通信速度も限られるので、当然思ったよりも速度が遅いと感じてしまいます。

wifi規格が原因の場合の対策

wifi規格が原因の場合の対策

この場合はLANケーブルの時と同様に、まずは使っているパソコンのwifi規格を確認し、古い規格であれば有線接続させるか、パソコン自体を新しいものに買い替えると良いでしょう。

コマンドプロンプトを起動

ちなみにwifi規格の確認方法はまずパソコン画面の左下の検索窓に「コマンドプロンプト」と打ち込んでコマンドプロンプト画面を立ち上げます。

コマンドプロンプトで入力

更にコマンドプロンプト画面にて「netsh wlan show interface」と入力します。すると「無線の種類」の項目でwifi規格を確認することができます。

OSのバージョンが最新でない

OSのバージョンが最新でない

OSのバージョンが最新ではない場合、現在のネットの通信速度に対応していないことがあります。

OSのバージョンが原因の場合の対策

この場合はOSのバージョンを最新のものにするか、場合によってはパソコンそのものを新しいものに買い替える必要があります。

ちなみにルーターなどの周辺機器のファームウェアも、最新のものにアップデートすれば通信速度の遅さが解消される可能性もあります。

セキュリティソフトによるもの

セキュリティソフトによるもの

セキュリティソフトの中でも無料のものであれば、動作が非常に重くなってしまうようなものもあったりするので、これも回線速度が遅いと感じる原因になり得ます。

セキュリティソフトが原因の場合の対策

この場合は他の動作が重くないフリーのセキュリティソフトを使うか、可能であれば「ESET」など有料ですが動作が速くコスパも良いというようなソフトを導入するのが理想的ですね。

ファイルの断片化によるもの。最適化を行う

ファイルの断片化によるもの。最適化を行う

パソコンを使っているとハードディスク上にファイルが書き込まれるわけですが、それにつれてハードディスク上に記録されるファイルや空き容量が断片化(フラグメンテーション)されてしまいます。

これによって読み込み速度や書き込み速度が遅くなり、ひいては回線速度も遅いと感じてしまう原因になります。

ファイルの断片化が原因の場合の対策

ファイルの断片化が原因であれば、対策としては最適化(デフラグ)させるのが有効的です。

コントロールパネルの呼び出し

最適化(デフラグ)させるには、まず画面左下の検索窓に「コントロールパネル」と打ち込んでコントロールパネル画面を立ち上げます。

システムとセキュリティをクリック

「システムとセキュリティ」をクリックします。

ドライブのデフラグと最適化をクリック

「ドライブのデフラグと最適化」をクリックします。

デフラグしたいドライブを選択して「最適化」をクリック

デフラグしたいドライブを選択して「最適化」をクリックします。

その他お手軽にできる対策について

その他お手軽にできる対策としては下記のような方法があります。

  • まずはパソコンやルーターの電源を切って再起動させる
  • ハードディスクの容量を減らす
  • ウイルスに感染していないかどうか確認する
  • ブラウザのキャッシュを削除する
  • アプリケーションを同時に多数起動させているなら一旦止める

これらは簡単にできるうえにある程度の効果が期待されたりするので、通信速度が遅いと感じる場合は試してみると良いでしょう。

対策したけれどもnuro光が遅い・・・どこに問い合わせすればいいの?

対策したけれどもnuro光が遅い・・・どこに問い合わせすればいいの?

これらの原因を試してみてもダメな場合は、NURO光のサポートに問い合わせると良いでしょう。

サポートに問い合わせることで、その個人に合った最適な対策についてアドバイスしてくれます。

NURO光のサポートデスク問い合わせ先は下記の通りです。

電話番号(フリーダイヤル) 0120-65-3810
受付時間 9:00~18:00(1月1日、2日、メンテナンス日を除く)

サポートを受けてもダメだった場合の対処法

サポートを受けてもダメだった場合の対処法

サポートを受けても一向に回線速度の遅さが改善しない場合は、NURO光から他の光回線業者への乗り換えも検討すると良いでしょう。

NURO光から乗り換える場合におすすめの光回線は?

NURO光の場合はソフトバンク携帯・スマホとセットで契約することによって受けられる「おうち割」と呼ばれるセット割が適用されるので、基本的にソフトバンク携帯・スマホユーザーであるかと思われます。

NURO光と同様に、このおうち割が適用されるおすすめの光回線としては「ソフトバンク光」になります。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使用した光コラボで、NURO光よりも最大通信速度は劣り、混雑時には回線が遅くなったりしますが、NURO光での解約時にかかる費用(違約金や撤去工事費)を最大10万円まで負担してくれるので、乗り換え先としてはおすすめですね。

ソフトバンクスマホユーザーでない場合のおすすめ光回線は?

ソフトバンク携帯・スマホユーザーでない場合、auユーザーだとauひかり、ドコモユーザーだとドコモ光がセット割が適用されるのでおすすめです。

格安SIM・スマホの場合は、それらとのセット割が利く光回線(DMM光など)を選ぶか、キャッシュバックなどを含めると実質費用の安いauひかりがおすすめですね。

まとめ

NURO光の通信速度2Gbpsというのはあくまでベストエフォート値ではあるものの、やはり他の光回線からNURO光に乗り換えたら通信速度が上がったうえに回線の安定性も上がったという口コミも多いです。

ただしここでも触れた通り、利用する環境によってはNURO光でも通信速度が遅いと感じてしまうケースもあるので、その場合は上記のような対策をして改善を試みると良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です