nuro光が関西や東海に進出。メリットとデメリット

これまで関東地方を中心に主に都市部でサービスを展開してきたnuro光ですが、実は徐々にエリアを拡大しつつあります。

この記事では、

  • NURO光の最新エリア情報
  • 実際の利用者の口コミと評判
  • 関西エリアでNURO光を利用するメリットとデメリット

について触れたいと思います。

nuro光の工事を2回に分けずに1回で終わらせる方法

NURO光(ニューロ光)の評判と口コミ。エリア内のマンションで使用ならあり

nuro光のONUルーター。 F660AとHG8045Qの違い5種類のONUを調査

nuro光の工事を2回に分けずに1回で終わらせる方法

【2019年4月最新版】nuro光がエリアを拡大し、関西や東海でも使用可に

まずは、nuro光がどのエリアで使えるか?という点についてご紹介したいと思います。

2019年4月の最新情報はこちら

関東地方 ・東京都
・神奈川県
・埼玉県
・千葉県
・群馬県
・栃木県
・茨城県
東海地方 ・静岡県
・愛知県
・岐阜県
・三重県
関西地方 ・大阪府
・奈良県
・京都府
・兵庫県
・滋賀県
九州地方 ・福岡県
・佐賀県

と、上記のエリアでサービスが使えます。
ただ、同じ県内でも住んでいるエリアによっては対応できないところもあるようなので後ほどご紹介するチェックページで詳しく調べてみてください。

NURO光はSo-netのネットワークを利用して2013年に始まった光回線サービスです。
標準回線の最大速度2Gbps(高速通信プランは世界最速の10Gbps)と、通信スピードがかなり早いことでも知られています。

そういった機能のためか、近未来的な都市型サービスという商品イメージがありサービスが利用できるのも都市部に限られていました。

ただ、顧客を獲得するためには人口の多い地域から始めるのは他社の回線でも同じなので、NURO光が特別に都市部を贔屓しているということではないでしょう。

2017年から関西、東海地区でのサービスも始まりユーザーも全国規模に拡大しています。
2019年からはさらに九州でも利用できるようになったので、今後さらに広いエリアに対応できることになると期待されています。

実際に関西など新しくサービス開始したユーザーからは、nuro 光はどのような意見があるのでしょうか?

SNSからリアルな関西や東海のnuroについての意見を見つけました。

このように、好意的な意見が多くある一方でエリアによっては速度にばらつきがあると感じる人も少なからずいるようですね。

NURO光の評判については、下記の記事に詳しいのでもっとたくさん知りたい方はチェックしてみてください。
NURO光(ニューロ光)の評判と口コミ。エリア内のマンションで使用ならあり

提供可能エリアの調べ方

さて、NURO光は関東地方以外ではまだまだ新しいサービスで現在も設備を整えている段階にあります。

そのため、公式サイトで対応している都道府県でも地域によっては未対応のエリアや建物もあります。

NURO光の契約を検討している人は、下記のページで自分の住んでいるエリアの対応状況をまず確認することをおすすめします。
【NURO光(ニューロ光)のエリアチェックページ】

数分あればすぐチェックできるので、ぜひ見てみてくださいね。

関西や東海エリアの人がnuro光を使うメリットとは?

関西や東海エリアの人がnuro光を使うメリットとは?

さて関西や東海、九州エリアに新しく進出したnuro光ですが、すでにこれらのエリアには光回線サービスがたくさん存在しています。

このエリアの人が新しいサービスを使うメリットとしては、下記のような点が考えられます。

・2Gbpsの高速通信が利用できる

2Gbpsの高速通信が利用できる

nuro光の売りといえば標準プランが最大2Gbpsという高速通信ができること。
もちろんこれは実験上の最大速度なので常にこのスピードがでるというわけではありません。

しかし、スピードテストをしたデータを見てみると500Mbps出ているという人もたくさんいました。
これだけハイスピードであれば、映像配信サービスを利用しても高画質でサクサクたのしむことができますね。
配信途中に止まるのがストレス・・・という経験がある人にはかなりおすすめです。

また、標準速度が早いためセキュリティソフトを入れても通信が重くなりにくいという人もいました。
スピードのためセキュリティを諦めたり、簡易的にする人が多い中でこれは嬉しいサービスですよね。
 

・顧客満足度が高い人気回線

NURO光は、その人気の高さと回線のクオリティの高さから顧客満足度の高い光回線として知られています。

2018年には価格ドットコムでネット回線満足度ランキングで第1位を獲得、同年J.D. POWERで固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査でも第1位を獲得しています。

粗悪なサービスだと、公式サイトの謳い文句だけが立派で実情が伴わないというところもあります。
しかしNURO光は実際の利用者の評価も付いているのでこれから利用を考えているユーザーにとっても安心なサービスだと言えるでしょう。

あのSONYのグループ会社で、長年インターネットサービスを培ってきたSo-netだからこその高品質な回線サービスとして人気です。

・プロバイダ料金がかからない

これまで、フレッツ光を使ってきた人は月額使用料のほかに別でプロバイダ料金も支払わなければいけませんでした。

フレッツ光ホームタイプの場合月額料金は5,200円なので、それにプラスしてプロバイダ料金が必要となると結構負担が大きいですよね。
プロバイダ料金は契約する会社によってことなりますが大体500円から1,500円ほど。

対して、同じ戸建て向けのホームタイプでもNURO光なら月額4,743円でプロバイダ料金は不要です。
しかもソフトバンクのスマホを持っている人ならセット割も適用され、「おうち割」で毎月最大2,000円がスマホ料金から割引され、毎月の通信費の節約にもなります。

それでいて通信速度は他よりも速いので、かなりコスパ良しな光回線であることは間違いありません。

・キャッシュバックやキャンペーンが充実している

NURO光は公式サイトでもキャッシュバックキャンペーンが充実しています。

現在は、最大35,000円キャッシュバックが利用できます。
しかも有料オプションの加入など特別なアクションは必要ないので、ユーザーのお得度もかなり高いです。

キャッシュバックが受け取れるのは開通が開始してから4ヶ月後以降。
メールで案内が来るので、忘れないようにカレンダーアプリやリマインダーでチェックしておきましょう。

・開通するまでポケットWi-Fiが貸与される

NURO光は人気の回線のため、申し込みから開通工事まで時間がかかる場合もあります。

人によってはすぐにネット開通したいのに!と思うこともあるでしょう。
NURO光では開通工事までの期間でも家でインターネットがつながるように、ポケットWi-Fiのレンタルも行なっています。

普通に使うよりも割安につかえてプランも選べるので、利用者から高評なサービスです。
引越してネット環境が整っていない時などとても便利なサービスですよね。

NURO光は高速通信が人気!フレッツ光等関西で契約出来る他社回線と比較

NURO光の月額料金を複数の会社と比較したので、ぜひこちらからチェックしてみてください。
nuro光は遅い?nuro光の平均速度や最高速度を大検証

契約前に知りたいデメリット!

nuro光は速度も速く、人気の回線であるということが分かりました。

しかし契約前に知っておきたいデメリットも存在します。

・都市部中心に展開されていて関西や九州では使用出来ない箇所がある

都市部中心に展開されていて関西や九州では使用出来ない箇所がある

もともとNTT東日本のダークファイバー(未使用の回線)を利用してSo-netが始めた高速通信サービスのため、利用できるエリアは限定的でした。

しかし、人気が高まり現在のように全国の都市部に提供エリア拡大するに至ったのですが、まだ途中の段階。
関西地方や九州など新規参入エリアでは、そもそもnuro光が使えないところもまだ少なからずあります。

そのため、使いたくても対応していない!というユーザーの方も多く存在しているのが現状です。

・関東以外はひかりTVが使えない。テレビサービスは関西には存在しない

関東以外はひかりTVが使えない。テレビサービスは関西には存在しない

光回線のオプションとして人気のひかりTVですが、これは通常パラボラアンテナなどを設置して受信する衛星番組を、光回線を利用して視聴できるというもの。

天候に関係なく衛星番組やスポーツ中継が見られるということで、人気の高いサービスなのですが関東地方以外ではこのサービスが利用できません。

お得に映像配信も楽しみたい!という人にとってはかなりデメリットになるのではないでしょうか?
関西、東海、九州地方にお住まいの方でひかりTVを利用したい場合は別途で契約するか、自分で映像配信サービスを選択する必要があるようです。

・途中解約の場合工事費を負担しなければならない

以前の記事では、開通工事をまとめるコツなどをご紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

nuro光の工事を2回に分けずに1回で終わらせる方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です