【無料】光回線工事のでする事。期間はこのくらい。穴あけなどがある場合のマンション許可

光回線をこれから申し込む場合、開通工事が必要になります。
これは、戸建て住宅であろうとマンションタイプであろうと必要なことです。

この記事では、

  • 光回線の工事の流れ
  • 必要な時間や費用はどれくらいか
  • 注意しておきたいポイント

についてまとめていきたいと思います。

光回線のおすすめランキングについてはこちらです

光工事の手順

まず、光回線の工事はどのような手順を持って行われるのかを軽くご説明します。

開通工事という言葉の響きから、大掛かりなことをするんじゃないか?と想像してしまいそうになりますが、実際にはごく短時間で終わることが多いです。

戸建てタイプでもマンションタイプでも
家の近くの電柱から光ファイバーを家まで引いてくる、という作業を行います。

実際の手順としてはこのような感じで行われます。

STEP1.光回線を申し込む
希望する光回線が決まったら、店舗やサイト、電話から開通工事を申請します。

STEP2.開設工事をする日を決める

サイトから申し込んだ場合、後日業者側から工事の日程についての連絡が来ます。
その時点で、いつ工事を行うか決めましょう。

STEP3.工事に立ち会う

配線がきちんとできているかを確認しなければいけないこと、工事の仕様上申請者の部屋まで入ること。などが理由で、光回線の工事は立ち合いが必要となっています。

原則として、申し込みをした人が立ち会う決まりがありますがどうしても都合がつかない場合は家族等に代理人を頼むことも可能です。

STEP4.パソコン等の設定を行う

開通工事が終わったら、ルータを設置してパソコンなどの端末に繋げて接続がちゃんとできているかチェックしましょう。

パソコンへの接続設定は、自分で行う場合が多いですが有料オプションとしてサービスを設けているところも多く存在します。

工事開始から開通までに必要な時間と期間

実際に開通工事をする際に必要な作業時間はどのくらいかかるのでしょうか?

・ホームタイプの場合

ホームタイプや一軒家での工事の場合は、家の近くの電柱から直接部屋まで光回線を引くという作業で接続されます。

だいたい10分から1時間ほどあれば開通工事が完了することが多いようですね。
ただ、建物の構造や周囲の環境によっても作業時間の目安は変わるので、長い時だと2時間ほどかかる場合もあるようです。

・マンションorアパートの場合

マンションやアパートなどの集合住宅で光回線の開通工事を行う場合は、電柱から光ファイバーをマンションの共有部に接続してから各部屋へ接続します。

マンションやアパートの設備状況によって、作業完了までの時間は多少前後するようです。

そうは言っても、それほど大変な操作をするわけでもないので1時間から1時間ほどあれば開通するようですね。

・光回線設備済みのマンションの場合

マンションには、共有部分から部屋までを光回線で接続してあるところも多くあります。
部屋に光回線用のコンセントがあれば、そのマンションは光回線接続が可能です。
その場合は作業時間も数十分と早めに終わらせることができますよ。

もちろん業者やそのマンションの状況にもより変わる可能性もありますが、早ければ30分程度で終わらせることもできるようです。

このように、光回線の開設工事作業時間は工事を行う建物の環境によって変わるということが分かりました。

単純な作業時間で比較すると、戸建て住宅→マンション→マンション(光接続)という順で作業時間が短くなっていくようです。

ただ、それでも設備やその日の天候などが影響して時間が前後することも大いに考えられるので、工事当日は予定を詰め過ぎずに余裕を持って立ち会うことをおすすめします。

マンションやアパートの集合住宅でも、戸数が少ない場合は部屋ごとに光回線を引く戸建てタイプと同様の接続方法が用いられることもあります。
その場合の作業時間は戸建てタイプと同様にかかると思っていれば間違い無いようですね。

・置くだけwifiなら工事に時間がかからない

最近では、工事が必要な固定回線の他にもポケットWi-Fiを利用する人も増加しています。

その魅力は、工事をせずにモバイルルータが届けば簡単な設定をするだけですぐにインターネット通信が利用できるという点にあるようです。

さらに、申し込みから数日以内に発送してくれるところがおおいので、光回線のように工事のために数週間待つ必要もありません。

ポケットWi-Fiで有名なのは、WiMAXやY!mobileなどがあります。その他、ドコモやauなど大手キャリアも販売していますよ。

以前は、通信速度があまり良くないと感じる人も多かったポケットWi-Fiでしたが、最近は通信環境も整備されており、動画もサクサク見られるようになっているんだとか。

・すぐにネットを使いたい人
・引っ越しや異動が多くて固定回線を引きたくない人
・旅行先でもインターネットを使いたいという人
にとてもおすすめです。

ただ、やはり通信速度のアベレージで比較すると光回線の方に軍配があがるようです。
通信速度にこだわりたい人や、通信の安定性を重視する人、Wi-Fiのエリア外に住んでる人は光回線を利用したほうがおすすめです。

日程には余裕を見よう

光回線は利用したい業者と工事の日付調整をしなければいけません。
作業者が訪問して接続しなければならず、端末を送付して終了というわけにもいかないので、ある程度日数か必要なのは覚悟しておきましょう。

だいたい、申し込みから工事まで1〜2週間かかります。
ただしこれは順当に行った場合の期間なので、繁忙期には1ヶ月くらい待たなければいけないことも。

特に申し込みが増えるのは、土日や祝日が多いようです。
また、引っ越しシーズンの3〜4月も同様に工事希望者が増えて工事まで時間が必要になることが多いです。

早く光回線を開通させたい!という場合は、予定がわかったら早めに申し込むことをおすすめします。

穴あけを行う工事の連絡は不要?

建物によっては、光回線を通すためにごく小さな穴を開ける必要があります。

もちろん戸建て住宅の場合は、特に事前の連絡をする必要はありません。

マンションなどの集合住宅の場合は、穴を開けて開通させるという方法はまず取られません。
ただ、低層マンションなど戸数が少ない建物の場合など、特殊な場合は穴を開けて光回線を通すことがあるようです。

作業をする前に施工者から説明があるはずなので、工事をしてしまう前に大家さんや管理人さんに許可を取りましょう。

穴を開けるといってもボールペンほどの直径の大きさで、防水加工等もしっかり行われるので生活に支障をきたすことはありません。
しかし、最近では賃貸物件に穴を開けるということに否定的な意見が多く、穴あけ工事を避けるためにドアや窓にある小さな隙間を利用することもよくあります。

穴を開けたくないときには、光回線開通業者に「穴あけせずに接続できないか?」という点を相談してみるといいでしょう。

建物によって工事の方法は違う

大体作業はおなじなのですが、建物によって接続の方法が少し異なります。

・戸建て住宅の場合

一軒家の戸建て住宅の場合は、

  • 電話管から光ケーブルを入れる
  • エアコン用の穴からケーブルを差し込む
  • 壁などに穴を開けて光回線を通す

の3種類の方法が主に利用されます。

最近たてられた建物には、電話用の配管に並んで光回線用の入り口があらかじめ設置されているはず。
そこから光ファイバーを接続すればいいので、家を破損することなく開通できますし、作業時間の短縮にも繋がります。

ただし、建物によっては光ファイバー用の配管がないところもあるので、そういった場合にはエアコン用に開けられた穴を利用してわずかな隙間からケーブルを通します。

電柱からの距離や、建物の都合上でこのどちらも利用できない時には、穴あけ工事が用いられます。
しかし、最近では穴あけ工事を避ける傾向が強いようです。

・分譲マンションの場合

分譲マンションの場合は、光回線を部屋まで通す方法が取られます。

一軒家と同じ作業で接続されますが、基タワーマンションなど戸数が多かったりすると電話回線をつかった接続などが用いられます。

・賃貸マンションの場合

こちらが一般的な方法で、実際に契約を結んでいる人もたくさんいるはず。

マンションなどの集合住宅は、共有部分まで光ファイバーを引き込みます。
共有部分から各部屋までは、
・VSDL接続
・LAN接続
・光接続
のいずれかの方法で、接続されます。
これらの接続方法の違いについては、後ほど詳しく説明いたしますね。

部屋からケーブルを接続し、回線終端装置を設置したら正常に接続できているかを業者が持参したノートパソコン等でチェックします。

問題がなければ、開通のための工事はそこで終わります。

マンションは設備によって接続方法が異なる

マンションの接続方法には種類があると触れました。

・VSDL接続
・LAN接続
・光接続
のそれぞれの特徴について解説していきたいと思います。

・VSDL接続

共有部分から電話線を使って接続していく方法で、昔から使われている原始的な接続方法です。

この接続方法の最大通信速度は100Mbpsです。
実効速度は契約しているプロバイダや環境、端末によって変わってきますが普通に利用する程度なら動画視聴など問題なく使えるようです。

そのマンションで複数契約者がいる場合、光ファイバーの一本を複数のユーザーで共有して使うことになります。
そのため、誰かがたくさん使っていたら誰かは繋がりにくくなる。などの差が生まれやすいのも特徴です。

また、電話回線から信号を変換するためのモデム端末が必要です。

・LAN接続

こちらはその名前からもわかる通り、LANケーブルを使って共有部分から部屋まで光回線を開通させる接続方法です。

光ファイバーを複数のユーザーで共有するため、最大通信速度はVSDLと同じ100Mbpsです。

一般的に、このLAN接続はそれほど速度は速くないと言われていますが、安定した接続ができるため繋がりやすさを重視する人におすすめです。

また、光回線から直接ケーブルで接続できるため、モデムが不要だという特徴もあります。

上記2つの接続方法は、日常的に使う分には普通に使えるはず。
ただ、この接続方法では足りないという人も中にはいるかもしれませんね。

それは、大量の通信を行うという人です。
たとえば、
・オンラインゲームをプレイする
・4Kなどの超高画質動画を頻繁に再生する
・株、FX、仮想通貨などのオンライン金融取引を行う
などの場合は、光接続できる環境を作るか、高速通信ができるポケットWi-Fiを有線接続で利用する。などの対策が必要です。

・光回線接続

こちらは現行もっともメジャーな接続方法です。
電柱から引いた光ファイバーを、光回線を通じて利用者の部屋まで通信を届けます。

そのため、最大通信速度も200Mbpsから1Gbpsまでと格段に速いのが特徴です。
戸建てタイプと遜色ないスピードで利用できるため、最も人気の高いサービスであると言えます。

部屋に光回線用のコンセントがあれば、そのマンションは光接続が利用できる建物だと判別できます。
高速通信を利用したい人や、仕事でインターネットが必要な人などに特におすすめです。

また、すでに建物内に光回線が設置されているため、作業時間が短いのがこの接続方法の特徴です。

光回線の開通工事にかかる費用は?

光回線を開通するための工事費用は、業者によって異なります。

そこで光回線の人気のサービスの費用を比較してみました。

・ホームタイプ

サービス名 工事費用
フレッツ光 18,000円
分割の場合 500円×30回払い
ドコモ光 18,000円
ソフトバンク光 24,000円
工事費無料キャンペーンあり
NURO光 40,000円
(分割の場合1,333円×30回だが、その分割引が適用されるので実質負担は無料)
DMM光 18,000円
工事費無料キャンペーンあり
BIGLOBE光 30,000円
(分割の場合750円×30回だが、その分割引が適用されるので実質負担は無料)
So-net光 24,000円
(移転の際の工事費割引キャンペーンあり)

と、このような差があることが分かりました。
額面だけでみた場合、18,000円から40,000円とかなり業者によって料金設定が変わるみたいです。

・マンションタイプ

サービス名 工事費用
フレッツ光 15,000円
分割の場合 400円×30回払い
ドコモ光 15,000円
ソフトバンク光 24,000円
工事費無料キャンペーンあり
NURO光 40,000円
(分割の場合1,333円×30回だが、その分割引が適用されるので実質負担は無料)
DMM光 18,000円
工事費無料キャンペーンあり
BIGLOBE光 27,000円
(分割の場合675円×30回だが、その分割引が適用されるので実質負担は無料)
So-net光 24,000円
(移転の際の工事費割引キャンペーンあり)

という内訳になっています。
若干戸建てタイプよりは安く設定されているかな?という感じですが、ほぼ変わらないと言っていいでしょう。

工事費が平均よりも高く設定されているところは、大抵の場合はキャンペーン等で負担する必要がないところが多いです。

ただ、キャンペーン内容はプロバイダや業者によってことなります。
長期利用を目的としたキャンペーンの場合は、分割支払いでその分割引が適用されるという仕組み。スマホの契約方法と似てますね。
途中で解約する場合、工事費の残債が残っている期間だとその時点で一括で支払う必要があります。

一方で新規顧客獲得を目的にした場合は、工事費無料というキャンペーンを打つ場合が多いです。
そういったキャンペーンを利用して契約する場合は、途中解約で違約金が発生する可能性もあるので契約前に規定や内容について細かくチェックしてみてくださいね。

※こちらに記載した開通工事費は屋内、屋外の作業を要するものです。
光回線がすでに設置されている場合や、フレッツ光を利用していた人が光コラボで転用した場合は異なる場合があります。
逆に、一から設置する場合や環境が特殊な場合などは必要な工事費が増える場合がありますので、施工を始める前に説明を聞くといいでしょう。

工事費の他にかかる費用を知りたい!無料で行えるのか

工事費の他に必要な費用としては、事務手数料が必要になります。
事務手数料の平均は2,000円から3,000円ほどである場合が多いようです。

開通工事費と同様に、この事務手数料は無料になるキャンペーンが行われていることも多いです。
また、事務手数料や開通工事費が無料になるキャンペーンをしていない場合でも、キャッシュバックキャンペーンを行なっているところもたくさんあるのでそれらのキャンペーンを利用すれば実質負担額を減らせることができることもあります。

気になるプロバイダや業者を見つけたら、キャンペーンが行われてるかチェックしましょう。

また、大抵の場合はキャンペーン情報などが開示されているのでその時はキャンペーンをしていなくても、大体どの時期にどんなキャンペーンが開催されるのか予想することも可能ですよ。

※キャッシュバックなどは商品券やギフト券で送られる場合もあります。

解約して別の回線にする時にも工事が必要

同じ光回線でも、1つを解約してまたべつの回線を契約する場合は撤去工事が必要です。

というのも、使っている回線は会社によってことなるため契約だけべつにして同じ回線を使いまわしするということはできないからです。

また、回線は電柱から引かれているため使わないのに放置していると維持費がかかります。
建物によっては、複数回線があると重みで支障をきたすということもあるようです。

撤去工事費は業者によって異なりますが20,000円から30,000円ほどかかる場合が多いようです。
ただ、この撤去工事が不要な業者も多くまだルールがバラバラなのであらかじめ説明をきちんと受けておきましょう。

ただ、フレッツ光を利用している人がプロバイダやスマホキャリアに転用する場合は撤去工事は不要です。

トラブルが起きそうな事。

光回線の開通工事が起きそうな時はあるのでしょうか?
契約を検討している人は、いざとなった時に落ち着いて対応できるように知っておきましょう。

お隣の敷地や上空を通過する事があり得る

一戸建ての場合、建物の構造や立地環境によっては回線が隣家の敷地を通る場合があります。

そういった場合は、早めに見積もりを取ってもらって通過するお家の住居者に説明してそれでも開通工事をしてもいいか許可を得ましょう。

その際は、施工者と一緒に行って説明してもらうか、見積書や設計図等を持参して説明するとスムーズです。
お礼等としてちょっとした菓子折り等のプレゼントをお渡しするとその後にネガティブな感情が生まれにくいです。

特に、狭い感覚で隣接されている住宅区画などは事前の見積もりが大切です。

その他にも、外壁や囲いがレンガや石でできている場合はケーブルを固定する金属が使えないため、申し込み時にその旨を説明することをおすすめします。

天候や地震などがあった場合工事が行えない

光回線の工事は電柱から光ファイバーを引くというものです。
そのため、強い雨が降っている場合は安全性を重視して工事を中止する場合もあります。

ただ、屋外での作業はファイバーを使って接続をするため電気を使うというわけでないので、小雨や普通の雨の場合は普通に施工が可能です。

ただ、あまりにも強い雨の時や、地震が起きてしまった時など施工者の安全性が確保できない状況だと判断された場合は後日になることがあります。

賃貸の場合の注意点

マンションでも一軒家でも、住んでいる住居が賃貸契約の場合はかならず責任者に許可を取りましょう。

大家さんや管理人さんに、光回線の工事をしたいという旨を相談して、その際に接続についての設備を確認しておくといいでしょう。
とくに、壁に穴を開けて施工しなければならないような場合は、きちんと説明して認可を得ないと退去時にトラブルになってしまうこともあるのでかならず許可を得ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です