GMOWIMAXとくとくBBの解約方法。更新月なら違約金はかからない?

GMOWIMAXを解約する場合は、いくつか注意しておかなければならない点があるので、今回はその点を含めGMOWIMAXとくとくBBを上手に解約する方法についてご紹介していきたいと思います。

WIMAXと光回線について知りたい方は以下からどうぞ!

wimax2+ワイマックスおすすめ比較ランキング。wimaxを乗り換える方法

光回線ネット回線おすすめプロバイダ比較ランキング。ネットニュー

目次

GMOWIMAXとくとくBBの解約方法

GMOWIMAXとくとくBBの解約方法

GMOWIMAXとくとくBBを解約するときの大まかな手順としては、下記のような流れになります。

  1. まず最初に契約更新月を調べる
  2. 解約手続きを行う

まず最初に契約更新月を調べる

解約をする際は、まずは契約更新月がいつになるのかを調べます。
契約更新月に解約をすれば、高額な解約違約金を無料にすることができるので、なるべくこういったタイミングで解約しておくと良いでしょう。

契約更新月の調べ方や、その他注意点については後ほど詳しく紹介していきます。

解約方法と手続きは「BBnavi」「メール」「電話」の3つから可能

解約方法と手続きは「BBnavi」「メール」「電話」の3つから可能

GMOWIMAXとくとくBBでの解約方法は下記の3つがあります。

  • 会員サイト「BBnavi」
  • メール
  • 電話

会員サイト「BBnavi」での解約方法

会員サイト「BBnavi」での解約方法

GMOWIMAXとくとくBBの会員サイト「BBnavi」を使えば、オンライン上でいつでもお手軽に解約手続きをすることができます。

BBnaviでの解約手続き方法としては、まずBBnaviにログイン後、「サービス・オプションの削除・解除」をクリックします。

その後移動先のページを一番下の方へスクロールさせていくと、「GMOとくとくBBの解約」の項目があるので、その中にある「解約」ボタンをクリックします。

更にアンケート画面に移るのでそれに答えた後、画面下にある「アンケートを送信する」を押します。

その後解約における注意事項が表示されるので、それぞれの項目で同意にチェックを入れて、下にある「解約」をクリックします。

最後に「ご解約の受付」画面が表示され解約完了となります。

この方法だと受付時間などの時間に縛られずいつでも簡単に解約手続きをすることができます。

ただし契約更新月以外の時期に解約する場合や、新しく加入したオプションがある場合は、BBnaviで解約手続きをすることができません。

ちなみにBBnaviでの解約ボタンは契約更新月にしか表示されないようになっているので、更新月で確実に解約したい場合は便利ですね。

メールでの解約方法

メールでの解約方法

BBnaviで解約手続きできない場合は、メール上から解約を申し出ることも可能です。

メールでの解約手順は下記の通りです。

  1. まずはお問い合わせフォームで解約を申し出る
  2. メール(info@gmobb.jp宛て)で解約手続きを行う

メールで解約する場合は、直接解約を申し出る前にまずはお問い合わせフォームから解約する旨を伝える必要があります。

その後「お問い合わせ番号」を元にメール(info@gmobb.jp宛て)にて、解約手続きすることで解約可能です。

契約更新月以外で解約したい場合などBBnaviで解約手続きできない場合は、メールから解約すると良いでしょう。

電話での解約方法

電話での解約方法

電話での解約手続きの際も、メールのときと同様に、お問い合わせフォームで解約を申し出てから、「お問い合わせ番号」を元に電話で解約を申し出る必要があります。

なお連絡先は下記の通りです。

電話番号 0570-045-109
受付時間 平日10:00~19:00

ちなみに毎日10時~12時や16時~18時、そして月曜日では電話が混雑しがちになるので、スムーズに解約を行いたいのであれば火曜~金曜日の昼過ぎ~16時までに連絡を入れると良いでしょう。

 

更に詳しく知りたい方は以下からどうぞ!

GMOとくとくbbの評判と口コミ。問い合わせ方法を完全伝授

WiMAX機器端末本体は返却不要

WiMAX機器端末本体は返却不要

利用していたWiMAXの機器端末本体に関しては、解約後返却する必要はありません。

SIMカードは返却しなくていいの?

SIMカードは返却しなくていいの?

GMOWIMAXとくとくBBの場合、SIMカードは返却しなければならないとも言われていますが、実は2018年あたりからはSIMカードを返却をする必要はなくなりました。

以前であれば解約の際にSIMカードを返却しなければ、SIM損害金として3,000円(税抜)が請求されるという決まりになっていたのですが、現在ではこうした注意事項もなく、WiMAX機器本体に加えてSIMカードも返却しなくても良いです。

ただし初期契約解除(8日以内)や20日以内で契約キャンセルを行った場合は、SIMカードの返却が必要になってくるので注意が必要です。

解約する際に知っておきたい注意点

GMOWIMAXとくとくBBで解約する際は下記の点に置いて注意しておきたいところです。

  • 解約申し込みは20日締めなのでタイミングに注意する
  • BBnaviからだと毎月1日~10日頃では解約手続きできない
  • 解約したらキャッシュバックの受け取り権限がなくなる
  • 解約後はGMOポイントで決済できなくなる
  • BBウォレットにチャージしたお金がなくなる
  • GMOとくとくBBのメールアドレスが使用できなくなる
  • GMOとくとくBBで開設したホームページやドメインが使用できなくなる

解約申し込みは20日締めなのでタイミングに注意する

解約申し込みは20日締めなのでタイミングに注意する

まずGMOWIMAXとくとくBBで解約するときにくれぐれも注意しておきたいのが、解約申し込みが20日締めであるということです。

20日までに解約をすれば、解約日はその月の月末扱いになりますが、21日以降に解約をした場合は解約日が翌月の月末になります。

つまり契約更新月になったので解約申し込みをしようとした場合、その時点で20日を過ぎてしまっていた場合はなんとその月には解約できず、翌月に解約となってしまいます。

このように解約するタイミングによっては契約更新月での解約が間に合いません。

更に解約が契約更新月にならないので、解約違約金+翌月1ヵ月分の月額料金を支払わなければならなくなることもあります。

こうしたことから特に契約更新月で解約する場合、前の月の21日~月末までか、更新月の20日までにはきちんと解約手続きを済ませておくように気を付けておきたいところです。

書面(郵送)での解約申請は毎月20日必着

書面(郵送)での解約申請は毎月20日必着

書面(郵送)での解約申請は毎月20日必着となります。

つまり20日までにはGMOWIMAXとくとくBBの方へ書類が届いてないといけないので、書面での解約手続きの場合は時間に余裕をもって行っていくと良いでしょう。

BBnaviからだと毎月1日~10日頃では解約手続きできない

BBnaviからだと毎月1日~10日頃では解約手続きできない

またGMOWIMAXとくとくBBの会員サイトである「BBnavi」で解約する場合、請求作成期間である毎月1日~10日頃は解約できません。

そのためBBnaviにより契約更新月で解約したい場合、例えば更新月が12月であれば前の月の11月21日〜11月30日までか、12月11日~12月20日のそれぞれの期間で手続きを行うことが可能になります。

余裕をもって解約をしたいのであれば、更新月の前の月の21日~月末までに行うか、BBnaviとは違い更新月の1日~10日頃でも解約可能なメールや電話で手続きを行うようにすると良いでしょう。

解約したらキャッシュバックの受け取り権限がなくなる

解約したらキャッシュバックの受け取り権限がなくなる

GMOWIMAXとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンプランを選んだ場合で、キャッシュバックを受け取らずに解約してしまうと、その受け取り権限がなくなってしまいます。

GMOWIMAXとくとくBBでもらえるキャッシュバック特典は30,000円以上と非常に高額ですが、解約後してしまうとキャッシュバック受け取り手続きをしても、それがもらえなくなるんですね。

なのでキャンペーン特典でキャッシュバックを選んでいる場合は、なるべくキャッシュバックを受け取ってから解約手続きをするようにしておきたいところです。

解約後はGMOポイントで決済できなくなる

解約後はGMOポイントで決済できなくなる

またGMOWIMAXとくとくBBでは毎月GMOポイントが100ポイント自動に貯まり、このポイントでWiMAXの料金の支払いをすることができます。

ただGMOWIMAXとくとくBBを解約すると、GMOポイントを料金の支払いに充てることができなくなります。

そしてGMOポイントは1ポイント=1円と日本円と同等の価値がありますが、利用用途がある程度限られてきます。

なのでWiMAXの料金の支払い以外にこのポイントを使うことがないのであれば、それまで貯まっていたGMOポイントは解約前にすべて使い切ってしまうと良いでしょう。

ただGMOポイントの場合はGMOWIMAXとくとくBBを解約しても残りますし、WiMAXの料金の支払い以外でも特定の通販サイトなどで利用可能なので、勿体無いというのであれば残しておくのも手です。

BBウォレットにチャージしたお金がなくなる

GMOとくとくBBで支払いをする際にBBウォレットにチャージしてから料金を支払っている場合は、解約をするとBBウォレットの残高がなくなってしまいます。

なので解約前にBBウォレットに残高がある場合は、使い切るなりしておくと良いでしょう。

GMOとくとくBBのメールアドレスが使用できなくなる

GMOとくとくBBのメールアドレスが使用できなくなる

GMOとくとくBB解約後は、GMOとくとくBBで作ったメールアドレスに関しても使用できなくなるので、利用していた場合は注意が必要です。

GMOとくとくBBで開設したホームページやドメインが使用できなくなる

GMOとくとくBBで開設したホームページやドメインが使用できなくなる

メールアドレスはもちろんGMOとくとくBBで開設したホームページやドメインに関しても使用できなくなります。

なので解約後もホームページをそのまま継続して運営したい場合は、解約前にホームページを移行させておく必要があります。

GMOWIMAXとくとくBBの解約金はいくら?

GMOWIMAXとくとくBBの解約金は下記の2つのプランによってそれぞれ異なります。

  • 月額料金割引プラン
  • キャッシュバックキャンペーンプラン

月額料金割引プランの解約金

月額料金割引プランの場合の解約違約金は下記の通りです。

契約期間 解約金
~12ヶ月目まで 19,000円
13~24ヶ月目まで 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円

月額料金割引プランの場合の解約金は、WIMAXサービスの中では標準的な額になります。

ただし金額そのものはやはりかなり高額になりますね。

キャッシュバックキャンペーンプランの解約金

またキャッシュバックキャンペーンプランの解約金は下記の通りです。

契約期間 解約金
24ヶ月目まで 24,800円
26ヶ月目以降 9,500円

キャッシュバックプランの場合は、契約期間が24カ月に満たない場合だと解約金が24,800円と非常に高くつくので、24か月未満で途中解約する際は注意しておきたいところです。

利用開始から8日以内であれば解約金は無料

利用開始から8日以内であれば解約金は無料

WiMAX2+では初期契約解除という制度が適用されます。
この初期契約解除によって、利用開始から8日以内であれば解約金無料で解約することができます。

これによりGMOWIMAXとくとくBBに申し込みをしてWiMAX2+を使ってみたけれども、自宅に電波が届かなくてまともに使えないといった場合でも、安心して解約することができます。

ただ解約金は無料になるものの、初期費用である事務手数料3,000円に関しては請求されます。

20日内でも解約金は無料だが通信費などが発生する

GMOとくとくBBでは20日以内でも解約違約金なしで契約キャンセルすることができます。

ただしこの場合はあくまで解約金のみ無料であり、事務手数料・月額料金・WiMAX端末返送料はかかります。

また20日以内でキャンセルするにはUQ WiMAXピンポイントエリア判定で「〇」である必要があります。(「〇~△」では不可)

20日以内で契約キャンセルする手順は下記の通りです。

  1. お客様センターに連絡する
  2. WiMAX機器を返品する
お客様センターに連絡する

20日以内で契約キャンセルするにはWEB上からではできず、お客様センターの方に連絡する必要があります。

連絡先は下記の通りです。

電話番号 0570-045-109
受付時間 平日10:00 ~19:00
 WiMAX機器を返品する

お客様センターの方へ連絡したら、今度はWiMAX機器を返品します。
返送先は下記の通りです。

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB 行

なお送料は自己負担となります。
その他事務手数料や通信費もかかります。

とくとくBBを無料で解約する方法

上記でも少し触れましたが、GMOWIMAXとくとくBBを無料で解約するには、契約更新月で解約することで無料にすることができます。

なお契約更新月は2年プランと3年プランとで変わってきますが、2年プランなら25か月・49カ月・・・、3年プランなら37カ月・73か月・・・というようになります。

契約期間 解約金
2年プラン 3年プラン
12か月目 24,800円 24,800円
25ヶ月目 0円 9,500円
37カ月目 9,500円 0円
49ヶ月目 0円 9,500円
73ヶ月目 0円 0円

解約申し込みは20日締めであることに注意!

また上記項目でも説明していますが、GMOWIMAXとくとくBBの場合は、解約申し込みが20日締めであることから、申し込みをするタイミングが21日~月末までになってしまうと解約更新月に解約をすることができません。

そのうえ解約が翌月末扱いになるので、違約金がかかることがありますし、1カ月分の基本料金もかかるので注意しておきましょう。

解約更新月の確認方法は?

解約時に解約違約金を無料にするには、契約更新月で解約すると良いのですが、そもそも解約更新月はどのようにして確認すればよいのでしょうか?

GMOWIMAXとくとくBBは下記の3つの方法で契約更新月を確認することができます。

  • 契約更新に関する案内メールで確認する
  • 会員サイト「BBnavi」で確認する
  • お問い合わせフォームからから問い合わせる

契約更新に関する案内メールで確認する

GMOとくとくBBでは契約更新月が迫ってくると、自動的に契約更新の通知メールを送ってきます。

この通知メールを確認することで、更新月での具体的な解約の日程を把握することができます。

通知メールを見逃さないようにしたいのであれば、Googleカレンダーのリマインダー機能などを使うと良いでしょう。

会員サイトBBnaviで確認する

また契約更新月を確認する際はBBnaviでWEB上から簡単にいつでも確認することができます。

BBnaviで更新月を確認するための方法としては、まずBBnaviへログインしてから「現在ご利用中のサービス」をクリックします。

そして「現在ご利用中のサービス」画面の中の「ご利用中の接続サービス」の項目に記載されている部分に契約更新月を確認することができます。

お問い合わせフォームから問い合わせる

お問い合わせフォームから問い合わせる

GMOとくとくBBのお問い合わせフォームからでも契約更新月を訪ねれば回答してもらえます。

また同時に解約金も聞くことで、BBnaviとは違いそれも具体的に知ることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です