enひかりの評判と口コミ。解約方法と速度まで大調査

enひかりは、最近サービスが始まったばかりの新しい光回線です。

この記事の中では、

  • enひかりの実際の口コミ
  • 業界最安とも言われる月額料金について
  • 登録方法から解約方法まで

を詳しく解説していきたいと思います。

enひかりの利用者の評判と口コミ

H.Yさん 都内在住

あまり聞いたことのない会社のサービスでしたが、月額料金が安いことと契約年数に縛りがないことが魅力に感じて契約を決めました。

以前使っていた回線は、キャンペーン等はお得で良かったのですが解約金が高く設定されていたのかネックでした。

マンション住まいで定期的に引越しをするため、解約金が無い方が嬉しいと思いネットで調べたところenひかりを見つけました。
知名度のない会社だったので実際に使うまでは不安だったのですが、ちゃんと使えるし契約してよかったなと思います。

うちは、フレッツ光の回線を利用していたので、開通工事を行う必要もなく、事務手数料のほかに工事費が2,000円で済みました。

U.Aさん 埼玉県在住

一軒家を建てることになり、光回線の工事をどこにお願いするかと悩んでいたところ友人にこちらをオススメされました。

聞いたことのない会社だったため、最初は本当に大丈夫なの?と不安に思ってしまいましたが、申し込みから問い合わせの対応までとても丁寧にしていただき分かり易かったです。

以前使っていた大手プロバイダは、サービス内容は良かったのですがサポートセンターやコールセンターがいつも混み合っていてなかなか繋がりにくいことが多かったので嬉しいです。

毎月の料金も、戸建ての相場と比較しても安いので助かっています。
マンションに住んでいた時に、同じフレッツ光のプロバイダを使っていたのですがそれと比べても1,000円以上やすく使えて驚きました。

安かろう悪かろうのサービスではなく、光電話などのオプションもちゃんと使えるのでおすすめです。

という声がありました。
これ以外にもユーザーの声を調べてみましたが、皆さん共通していたのはコストが安いという点でした。
月額料金をはじめ、解約金がなかったり、工事費が他社より安いという点が高く評価されているようです。

通信速度はちゃんと早いの?

enひかりの回線は、光コラボレーションというシステムを採用しています。
光コラボレーションとは、NTTのフレッツ光の回線利用してさまざまな会社が自社の製品として提供していいという仕組みです。

大手キャリアの回線を利用している格安スマホのような感じ。と説明すると分かりやすいかもしれませんね。

この光コラボを利用すると、以前は窓口としてしかサービスを提供できなかった光回線が自社オリジナルの料金プランで使えるようになったんです。
そのため、enひかりでもフレッツ光と同様に

  • 100Mbps
  • 200Mbps
  • 1Gbps
    の3種類が利用できます。

戸建ての場合は、光回線接続がメインとなるので200Mbpsか1Gbpsが利用できます。

マンションの場合は

  • VSDL接続
  • LAN接続
  • 光接続

の三種からその住宅設備に最適なものが適用されます。

接続方法が複数あっても、選べるというわけではないのでご注意を。

最近のマンションであれば大体光接続が利用できると思いますが、設備や接続環境によってはVSDL接続かLAN接続になる可能性も。

自宅近くの電柱から光ファイバーを引き込んでマンションの共有部分に繋げるのはどの接続方法も一緒なのですが、そこから各部屋につなげる方法が異なります。

VSDL接続は共有部分から電話回線を使って部屋まで接続する方法です。
電話回線からパソコンにつなげるためには、信号を変換しなければいけないのでモデムが必要になります。

LAN接続は、ルーターやWi-Fiをパソコンに接続する時にLANケーブルを使うようにマンションの共有部分から部屋までLANケーブルを使って接続する方法です。

LAN接続の場合は、通信が安定して利用できる傾向にあるようですね。

業界最安?料金プランを大解剖

enひかりの月額料金は、他社サービスと比較しても安いと評判が高いです。
実際にはどのくらい安いのか、enひかりの料金プランと他社サービスを比較してみたいと思います。

【enひかりの料金プラン】

enひかりの月額料金のプランはこのようになってます。

タイプ 月額料金
ホームタイプ 4,300円
マンションタイプ 3,300円

このように、一目見ただけでも安い料金設定であることがわかります。
会社やプロバイダの中には細かく料金設定を変えてあって分かりにくいところもありますが、enひかりの料金プランは簡潔で分かりやすいです。

これから光回線を始めて利用するので分かりやすいプランがいいという人にもおすすめですね。

【enひかりと他社の料金】

enひかりの料金は他社と比べても業界最安であることを売りにしていますが、本当ににそうなのでしょうか?

人気のサービスの月額料金と比較してみました。

サービス名 月額料金(ホームタイプ) 月額料金(マンションタイプ)
enひかり 4,300円 3,300円
フレッツ光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 3,800円
au光 5,100円 3,800円
So-net光 5,580円 4,480円

と、このような結果になりました。
やはり、enひかりの料金がズバ抜けて安いことが分かりますね。

特に戸建ての料金プランがかなりやすいので、一軒家の光回線を検討している人にとっては最適ではないでしょうか?
月額1,000円違うとなれば年間では1万円以上差がでることになりますので、おすすめです。

2017年から始まったばかりのあたらしいサービス

enひかりの名前を初めて知ったという人も多いと思いのではないでしょうか?
それもそのはず。enひかりのサービスは、2017年にスタートしたばかりの新しいものなのです。

まだ規模の小さな会社ではありますが、東日本と西日本の全国規模でサービスを展開したり通信に関わる様々な事業を行なっていたりときちんとした会社であることがわかります。

光回線事業の他には、ポケットWi-Fiやビデオオンデマンドサービスのサービスを提供しています。
公式のホームページを見ても分かるように、どこかアットホームで素朴な点が魅力的ですね。

ベンチャーやスタートアップなどのギラギラした感じをイメージしていると、かなり印象が異なるのではないでしょうか。

利用者の意見でも「なにかあったときのサポートの対応がよかった」
「ちょっとした質問をしたときも、丁寧に対応してくれた。」という声がたくさん見られました。

パソコンや接続が苦手な人でも対応してくれるので、一人で設定をするのに抵抗があるという人にもおすすめですよ。

・会社概要

社名 株式会社 縁人 en-jin.inc
設立 平成19年10月1日
代表 代表取締役社長
横山 満
連絡先
所在地 【東京本社】
〒175-0094
東京都板橋区成増2-17-10
タカスビル6階【北海道本社】
〒060-0051
北海道札幌市中央区南一条東6-2
松浦ビル3階
関連サービス 光回線、固定電話、ビデオオンデマンドのプロバイダ業務
通信サービスのオンラインキャンペーン事業
ウォーターサーバーのレンタル
Wi-Fiのレンタルサービス

気になる工事費や初期費用

新規申し込みで光回線を契約するときには、初期費用が必要になります。

enひかりをこれから申し込む人が必要な費用はこちらの通り

【新規申し込み】

事務手数料 3,000円
工事費 15,000円
工事費(建物内の配線がいらない場合) 7,600円
工事費(スタッフを派遣しない簡易なものの場合) 2,000円

新規利用の場合は、工事内容によって初期費用が変わってきます。
光回線を利用するのが全く初めてという場合には、電柱から光ファイバーを引く作業と屋内の配線を行う作業が必要です。

他社の光回線を利用していたが、そのまま使えるという場合はルータ等を交換するだけでいいので工事費もかなりやすくなりますよ。

【フレッツ光から転用する場合】

enひかりではもうひとつ、フレッツ光を契約している人が転用を申し込むという方法があります。

その場合の初期費用はこちら。

事務手数料 2,000円
工事費 0円

この表のように事務手数料の2,000円だけあればいいので、初期費用はほぼかかりません。

enひかりはフレッツ光を利用しているので、回線もそのまま使えるということですね。

ただ、光コラボレーションを利用している会社同士で転用する場合でも、プロバイダを変える時にはルータ等の交換など簡単な作業はしなければいけない可能性もあります。

オプションにはこんなサービスも

enひかりでは、光回線以外にもオプションサービスが利用できます。

・enひかり電話
月額料金 500円
サービス内容:
光回線を利用した固定回線サービスです。
普通に固定電話を契約した場合1,500円から2,000円ほどかかりますが、enひかり電話であれば三分の一程度の500円という値段で固定電話が利用できます。

最近は一人暮らしの場合固定電話を引く人もあまりいないかもしれませんが、仕事でFAXを使う場合や家族向けのサービスの場合はおすすめです。

・enひかり リモートサポート
月額料金 500円
サービス内容:
こちらは、光回線やパソコンの設定を遠隔操作してもらうというサービスです。
オンラインで接続して経験豊富なスタッフが遠隔操作してくれるのでパソコンの設定の仕方や、トラブルの解決を急ぎたいという人にも最適です。

また、通話しながら操作方法を教えてくれるので、トラブルにどう対処すればいいかも学ぶことができますよ。

・enひかり ライフサポート
月額料金 500円
サービス内容:
こちらは、生活についてのトラブルが起きた時に便利なサポートサービスです。

光回線のサービスなのにライフサポートってどういうこと?と感じてしまいますが、これがかなり便利なんです。

たとえば迷惑メールの拒否設定をしたいという場合や、近くの買い物や修理のサービスが知りたいという場合などにもライフサポートに入っていれば相談してすぐ対応してもらえます。
引っ越しを機に新たな環境で光回線を利用するという人にとっては心強いサービスではないでしょうか?

水回りなど家の中のトラブルに対処してくれるサービスはありますが、このような細やかなサポート自体はとても珍しいと言えますね。

他にも、隣人への挨拶の際にはなにを持っていけばいいか?という相談にものってくれます。
新大学生や新社会人など、心機一転新しいエリアに行く人はぜひチェックしてみてくださいね。

・enひかりテレビ
月額料金 660円〜
サービス内容:
こちらは光回線を利用して、地デジ/CS/BS放送が楽しめるサービスです。

全30チャンネルをアンテナなしで視聴できるので、天候に関係なく衛星放送を楽しむことができちゃうんです。

これまで、天候による電波の不安定さなどが影響してしまってなかなか衛星放送を利用できなかったという方も、光回線とセットで割安に利用できるチャンスですね。

・enひかり v6プラス
月額料金 180円
サービス内容:
こちらは、通常のIPv4接続のほかに新しい規格のIPv6が利用できるサービスです。
普通、インターネットに接続するためにはどこからのアクセスかがわかるIPアドレスがモバイル端末やルーターに振り分けられています。

今現在主流に使われているのがのIPv4接続なのですが、これは電話回線を使ってダイヤルアップ接続をしていた時から使われている古いものなんです。
32bitでIpアドレスが振り分けられるため、最大でも40億程度のアドレスしか作成できないことになります。
そのため爆発的にインターネットが普及した現在では、この規格で接続すると混雑が生じやすいんです。

新しい規格のIPv6は128bitでアドレスが作られているため、128^2で理論上無限に近い数のIPアドレスが作成できることになります。
そのため通信の混雑が起きにくく、快適に使えるようになるんです。

・enひかり 固定IP
月額料金 700円
サービス内容:
通常、IPアドレスは端末やルーターの電源を入れなおすとリセットされて違うIPアドレスが割り当てられます。

固定のIPを設定することで、毎回おなじIPアドレスでアクセスでき、このIPアドレスは自分だ!という証明になるためセキュリティを高めることができます。

なぜ固定のIPアドレスが必要なのかというと、証券会社やFX、セキュリティカメラへのアクセスなどで固定IPが推奨されているところが多いからです。

オンラインゲームなどでも固定IPが必要なところもあるので、そういったサービスを利用する際にはこのオプションがおすすめです。

UQモバイルとのセットも

実はenひかりは、UQ WiMAXと提携しています。

そこで2018年12月から始まったのが【勝手に割】というセット割引サービスなんです。
UQmobileのスマホを使っている人は、光回線の月額料金が100円割引されるというもの。

ほんのささいな金額かもしれませんが、マンションタイプの場合月額料金は3,200円になるのでかなりお買い得。

勝手に割を適用させるためには、事前にenひかりカスタマーセンター(03-5534-9997)へ申請を行う必要があります。

また、UQmobileから機種変更をした場合は1ヶ月以内にカスタマーセンターへ連絡が必要になります。

クレジット以外も使える?毎月の支払い方法

光回線のプロバイダサービスでは、現在ほとんどの場合クレジットカードでの支払いがメインとなっています。

しかし、enひかりではクレジットカードの他にも口座振替が利用できます。
カードの手数料がかかるのが嫌な人、カードを使いすぎるのが嫌な人などにおすすめです。
学生さんでまだカードがないという場合でも利用できるので、より使いやすいですね。

口座振替を利用する場合は、最初にNTTの「@ビリング」というオンラインサービスを申し込んでおくのがおすすめです。

普通に申し込むと、振替手数料として最大200円ほど必要になるからです。

別にカード支払いしてもいい、カードのポイントを貯めているという場合と、あまりカードは使いたくない…という2つのケースに合わせて利用できるのがいいですね。

enひかりのメリット

enひかりを利用することで、どんなメリットがあるのでしょうか?
複数のポイントに分けて解説したいと思います。

・月額料金が安い

まずなんといっても、月額料金が安いことが利点としてあげられるでしょう。
特に、現在フレッツ光を使っている人は月額料金の他にもプロバイダ料金を別途で払っているはず。

プロバイダ料金は安くても500円、高いところだと1,500円以上かかるので戸建てプランを契約している場合
5,200円プラス1,500円で6,700円毎月支払う必要があります。

enひかりではプロバイダ料金込みで4,300円なので最大で2,000円以上違うということに。
これが毎月だと考えるとかなりお買い得。
毎月の通信料金を節約したい人におすすめです。

・工事費もお得

先ほど新規利用の初期費用をご紹介しましたが、一番高い工事ではホームタイプでもマンションタイプでも一律で15,000円です。

これは他社サービスに比べてもかなり安く設定されていることがわかります。

ほかの大手サービスとの工事費の違いはこの表の通りです。

サービス名 工事費
enひかり ホームタイプ、マンションタイプ共に15,000円
NURO光 ・ ホームタイプ 40,000円
・マンションタイプ 40,000円
auひかり ・ ホームタイプ 37,500円
・マンションタイプ 30,000円
BIGLOBE光 ・ ホームタイプ 30,000円
・マンションタイプ 27,000円
ソフトバンク光 ・ ホームタイプ 24,000円
・マンションタイプ 24,000円

と、単純に額面だけで比較してもかなり金額が違うのが一目でわかると思います。
実際には、分割払いができたり割引されたりするところもありますが…。
そういった場合は長期利用が前提だったり、最低利用期間が設けられていたりするので利用者への負担が大きいのは変わりません。

・解約金なしで縛りなく使える

enひかりならではのメリットといってもいいのがこの解約金がないという制度ではないでしょうか?

大抵のサービスでは、更新月以外に解約すると違約金がかかります。
違約金はサービスやプロバイダによっても変わりますが、だいたい10,000円から20,000円ほどかかるケースが多いようです。

急な引っ越しなどで更新月以外に解約しなければならないとき、数万円さらに出費がかさむのは痛いですよね。
enひかりは最低利用期間なども設けられていないので、もし利用して数ヶ月で解約するとしても違約金は必要ありません。

これはかなり嬉しいサービスですね。

・サポートの対応が良心的

実際にenひかりを利用した人の中でよく目にした意見が「サポート体制がとても充実している」といったものでした。

申し込み時や、なんらかのトラブルがあったときも丁寧に対応してくれたという意見がよく見られました。

大手サービスは、利用者が多いこともあってサポート自体につながらなかったりすることもしばしばある中でこれほど評価されているのも珍しいですね。

中には、サポートセンターから途中経過を丁寧に連絡してもらって助かった。
という意見もありました。

・Wi-Fiの無料貸し出しも

enひかりの運営会社ではポケットWi-Fiの貸し出しも行なっています。

そのため、enひかりのユーザーであれば3泊4日分無料でポケットWi-Fiが利用できるのです。
これは1泊2日以上のプランを実費で支払う必要がありますが、国内旅行や出張に行く時にはとても便利なサービスです。

たとえば1週間(7泊8日)Wi-Fiをレンタルしたい場合、3泊4日分が無料になるので利用者が実際に負担するのは4泊ぶんのレンタル料金だけでいいということになります。

このサービスは1年に3回まで利用できるので、お得にWi-Fiを借りたいという時にもおすすめですよ。

enひかりのデメリット

さて、ここまではenひかりのポジティブな面に焦点を当ててきました。
しかし、実際に契約したり、契約を検討するにはデメリットも知っておくといいでしょう。

enひかりの気になる点はこちらから、

・キャンペーンなどか利用できない

enひかりはサービスが始まったばかりの光回線事業です。
そんなことも影響してなのか、他社では頻繁に行われている割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンは行われていません。

通信サービスやプロバイダを決める時にキャンペーンを重視するという人も多いので、キャンペーンがなにもないというのはちょっとお得度が低く感じるという人もいるようです。

・工事費の分割ができない

enひかりの工事費は基本的に、利用初月に月額料金との一括支払いとなります。

他社サービスは、毎月数百円ずつ支払いさったりできるところが多いのでそういった会社と比べると利用者の負担は大きいかもしれません。

また、他社サービスでは解約時に工事費の残債分を支払うケースが多いので、enひかりでは真逆の仕組みがとられているといってもいいですね。

解約方法

enひかりを解約するためには、電話で申請する必要があります。

連絡先はこちら

カスタマーサポート
電話番号:03-5534-9997
(対応時間 10時から20時まで)

サポートセンターのオペレーターに解約したい旨を伝えます。
すると、登録した住所当てにルーター等を返却するためのセットが送られてきます。

それにレンタル品を入れて返送すれば完了です。
解約時に気になるのが引き止めや勧誘ですが、簡単な質問等はされるものの特に引き止められるということはないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です