dti光の評判と口コミは速度が遅い‥キャシュバック額は高いのだけど…

dti光の評判とその口コミから見たメリット・デメリット

dti光の評判とその口コミから見たメリット・デメリット

格安SIMカードやプロバイダで知られている、東京電力系列のDTI(株式会社ドリーム・トレイン・インターネット)。

そのDTIが提供している光回線「DTI光」には、一体どのような強みがあるのでしょうか?

評判などから考えられるdti光のメリット

dti光の評判とその口コミから見たメリット・デメリット

DTI光には、主に下記のメリットがあります。

  • 最低利用期間がなく解約しても違約金がかからない
  • 料金が安い
  • au携帯とのセット割が適用される
  • DTI simとのセット割引も適用される
  • 東京ガス・電気セット割もある
  • ipv6という通信速度が速い接続方式に対応している

最低利用期間がなく解約しても違約金がかからない(契約期間の縛りがない)

最低利用期間がなく解約しても違約金がかからない(契約期間の縛りがない)

まずDTI光の最大のメリットとして挙げられるのが、他の光回線のように最低利用期間というものがなく、いつ解約しても解約違約金がかからないという点です。

通常光回線というと大抵2~3年契約が基本となります。
そして2年を満たずに解約する場合は、その解約違約金として最低9,500円は支払わなければなりません。

このことから光回線は実質2~3年縛りであると言われています。

他の光回線の比較は以下からどうぞ。

光回線の比較はこちらからどうぞ。

他社の光回線の具体的な解約違約金については、下記の通りです。

光回線 契約期間 違約金
戸建て 集合住宅
auひかり 2年 9,500円 7,000円
NURO光 2年 9,500円 9,500円
ドコモ光 2年 8,000円 13,000円
ソフトバンク光 2年 9,500円 9,500円
So-net光 3年 20,000円 20,000円
ビッグローブ光 3年 20,000円 20,000円
DTI光 なし 0円
ぷらら光 なし
enひかり なし

このように安い場合でも7,000円、高ければ2万円もかかります。

しかしDTI光であれば、いつ解約しても違約金は0円なので、2~3年も利用しないような場合でも問題なく解約できるので、使い勝手が良いのが魅力的です。

料金が安い。戸建ては特に

料金が安い。戸建ては特に

DTI光の2つ目のメリットとして言えるのが、月額料金が他社と比べても安めになるという点です。

以下他社光回線との月額料金の比較表です。

光回線 月額料金
戸建て 集合住宅
DTI光 4,800円 3,600円
auひかり 5,100円 3,800円
NURO光 4,743円 4,743円
(その集合住宅内の利用者が多ければ多いほど安くなる)
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
So-net光 4,400円 3,300円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ぷらら光 4,800円 3,600円
enひかり 4,300円 3,300円

このように月額料金で見た場合は、他社と比べても比較的かなり安めの部類であることが分かります。

au携帯とのセット割が適用される

au携帯とのセット割が適用される

更にDTI光を利用する大きなメリットとして挙げられるのが、au携帯・スマホとのセット割が適用されるということです。

このau携帯とのセット割で割引される金額は、例えばスマートフォンだと下記のようになります。

プラン 月額割引金額
3GB以下 500円
5GB以上 1,200円

このようにスマホを始めauケータイやタブレットでも500円~1,200円という大幅割引が毎月適用されるので、au携帯・スマホユーザーである場合は、非常に大きなメリットになります。

DTI simとのセット割引も適用される

DTI simとのセット割引も適用される

DTIの自社格安SIM・スマホを利用している場合もセット割引が適用されます。

DTI simとのセット割に関しては、DTI sim自体の利用料金が安いこともあってか、月額割引金額が150円とau携帯に比べ控えめです。

東京ガス・電気セット割もある

東京ガス・電気セット割もある

更にDTI光の場合は、東京電力系列を経ていることもあり、東京ガスのガスと電気を同時に契約することでもセット割(東京ガストリプル割)を受けることができます。

この東京ガスとのセット割の割引金額は、戸建ての場合で月額250円、集合住宅の場合で100円になります。

月額割引金額自体は大した額ではありませんが、これが1年・2年・・・と続いていくとその金額も馬鹿にはならないので、長い目で見た場合はかなりお得になってくるでしょう。

ipv6という通信速度が速い接続方式に対応している

ipv6という通信速度が速い接続方式に対応している

DTIの場合はipv6という通信速度が速くなる接続方式に対応しています。このことから申し込み時にipv6接続に対応した機器を選ぶことで、快適にインターネットを利用することができます。

ダウンロード速度に関しては、100Mbps以上出ていれば十分なのですが、DTI光の回線速度はそれを遥かに上回っていて速いという意見も多くありますね。

DTI光がRBB SPEED award2015 光コラボレーション部門最優秀賞受賞

出典:DTI光公式サイト

その証拠にDTI光は、過去に開催された「RBB SPEED award2015」の光コラボレーション部門で最優秀賞を受賞していたりもします。

このようにDTI光ではipv6接続サービスがあり、通信速度が速くて快適にネットをすることができるのも魅力的ですね。

その他DTI光のメリットについて

その他DTI光には、細かい点で言えば以下のようなメリットがあります。

申し込み~開通までが早い

DTI光の場合は、申し込みから最短2週間で開通可能です。

通常光回線を開通させるには、申し込みから開通までに3週間~1カ月程度かかるのですが、DTI光の場合は早ければ2週間で開通できてしまうので、できるだけ早急に光回線を利用し始めたいような場合でも助かりますね。

クレジットカードがなくても決済可能

クレジットカードがなくても決済可能

光回線の場合はクレジットカードでしか支払いができないところも多いのですが、DTI光の場合はクレジットカードのみならず口座振替にも対応しています。

なのでクレジットカードを所持していない場合でも、問題なく利用することができます。

テレビオプションやひかり電話オプションも利用可能

テレビオプションやひかり電話オプションも利用可能

DTI光ではオプションとして、テレビオプションやひかり電話オプションを安い料金で利用することができます。

オプション名 月額料金 内容
DTI 光テレビ 750円 アンテナなしで地デジやBS放送を視聴できるサービス
映像はいつでもクリアで配線もスッキリ
ひかり電話オプション ・500円(基本プラン)
・1,500円(こみプラン)
固定電話サービス
こみプランはよく通話する場合に向いており、様々な付加サービスもあり

DTI光では必要に応じてこうしたサービスも受けることが可能です。

評判などから考えられるデメリット

今まではDTI光のメリットについて触れていきましたが、逆にDTI光には利用するにあたりどういったデメリットがあるのでしょうか?

DTI光のデメリットに関しては、主に下記の点が挙げられます。

  • 利用する環境によっては通信速度が遅いと感じる
  • auスマホ・DTI simユーザー以外だと割引が利かない
  • 初期費用が高い

利用する環境によっては通信速度が遅いと感じる

利用する環境によっては通信速度が遅いと感じる

DTI光はipv6プラスという通信速度が速い接続方式に対応していたり、過去に「RBB SPEED award2015」で最優秀賞を受賞していたりしますが、その一方で通信速度が遅いという口コミも少なからずあります。

DTI光は一応ipv6接続に対応してはいるものの、使用する機器によってはipv6接続に対応していないものもあるので、そうした機器を使っている場合は通信速度が遅いと感じてしまうのかもしれません。

またDTI光の場合は、住んでいる地域によっては繋がりにくいというところもあったりするので、そうした場合であれば回線が遅いと感じてしまう原因になります。

auスマホ・DTI simユーザー以外だと割引が利かない

auスマホ・DTI simユーザー以外だと割引が利かない

DTI光ではauスマホとDTISIM・スマホユーザー以外の場合は、セット割引が適用されないので、ソフトバンクやドコモ携帯・スマホを使っている場合は、携帯・スマホとのセット割引を受けることができません。

初期費用が高い

初期費用が高い

光回線は基本的に工事費用は実質無料になるところが多いのですが、DTI光の場合は工事費がかかるので、初期費用が高くつきます。
工事費用に関しては戸建ての場合だと18,000円、集合住宅で15,000円かかります。

その他事務手数料として800円がかかります。
尚フレッツ光からの転用の場合は、工事不要で使えるので工事費もかかりませんが、この場合事務手数料が1,800円になります。

dti光の利用が向いている人

以上メリット・デメリットから、DTI光の利用が向いているのは主に下記のような人になります。

  • 予定される利用期間が短い人
  • 転勤で引越しをする機会が多い人
  • DTIwithフレッツ光に加入している人
  • auユーザーの人
  • DTI SIMユーザーの人
  • auひかりが対応エリア外の地域に住んでいる人

対応エリア

対応エリア

DTI光はフレッツ光の回線を使った光回線コラボなので、フレッツ光と同様に対応エリアは全国になります。

ただし都市部から離れた一部地方では繋がりにくかったりもします。

なおauユーザーの場合はDTI光を利用する旨味は十分にある訳ですが、月額料金を始めキャンペーン内容も含めて考えると、auユーザーは基本的にauひかりがおすすめです。

したがってDTI光はauひかりの対応エリア外の地域の人におすすめです。

auひかりが対応していない地域は下記の通りです。

居住タイプ auひかりの対応エリア外の地域
戸建て ・関西(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県)
・東海(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)
集合住宅 沖縄

上記の地域であり、かつauユーザーであればDTI光を検討するのも良いでしょう。

フレッツ光からDTIに切り替える方法

フレッツ光からDTIに切り替える方法

DTIwithフレッツ光に加入している場合は、DTI光に乗り換えると工事なしで手続きが簡単なうえに利用料金も安くなります。

またプロバイダと回線がセットになって、乗り換え時や引越しにおける住所変更などの手続きが簡素化されるのでおすすめです。

切り替え方法は「転用承諾番号」を取得してから、NTT東日本またはNTT西日本に転用申し込みをするという流れになります。

転用承諾番号を取得するには下記の情報が必要です。

  • 電話番号またはフレッツ光の契約ID
  • 契約者名
  • 契約住所
  • 利用料金請求情報

転用承諾番号を取得したら、下記の申し込み先へ転用の申し込みを行いましょう。

申し込み方法 NTT東日本 NTT西日本
Web NTT東日本公式ホームページ NTT西日本公式ホームページ
電話 0120-140-202
(受付時間:9時~17時)
(年末年始休を除き、土日祝日も受付)
0120-553-104
(受付時間:9時~17時)
(年末年始休を除き、土日祝日も受付)

あとはDTI光の方から1週間程度後に転用の日程が知らされ、ネットワークの設定を行うことで転用完了となります。

セキリティとソフトについて

セキリティとソフトについて

DTI光では「ウイルスチェック」「迷惑メールチェック」「迷惑メールブロック」というサービスを無料で受けることができます。

これらは通常有料のセキュリティソフトを使うことで可能になりますが、DTI光だとこうしたサービスを無料で受けることができます。

なのでこうした有料セキュリティソフトの機能を無料で受けたいような場合にもおすすめです。

サポート

サポート

更にDTI光では「SiLK Touch」と呼ばれる、独自の無料サポートサービスがります。

これはパソコン上での操作が行き詰った時に、DTIのオペレーターが遠隔で手取り足取りサポートしてくれるというもの。

こうしたサービスは通常ならば有料になったりするのですが、DTI光ではこれを無料で受けられるためか、サポートの質は口コミ上でも好評だったりします。

なので「光回線の事が良く分からないのでサポートはなるべく良い所が良い・徹底的にサポートしてもらいたい」という人には良いでしょう。

dti光のキャンペーン。高額キャッシュバックはあるの?キャシュバック受取が難しい

dti光のキャンペーン。高額キャッシュバックはあるの?キャシュバック受取が難しい

DTI光のキャンペーン内容は?

DTI光では現在以下のキャンペーンを実施しています。

  • 最大19,000円キャッシュバック
  • ADSLからの乗り換えに限り工事費無料
  • 開通月の月額料金が無料

このようにDTI光には高額キャッシュバックがあるので、これによって工事費用を実質無料にすることができます。

キャッシュバック受け取り申し込みの流れ

DTI光の場合現時点では代理店が少なく、今のところDTI光の公式サイトから申し込むのが最もお得です。

キャッシュバックの受け取りまでの流てとしては、大まかに下記のようになります。

  1. DTI 光(新規)お申し込み
  2. 登録メールアドレスにメルマネ送金通知メールの送信日が知らされる
  3. DTI が楽天銀行にメルマネ送金を依頼する
  4. 楽天銀行から登録メールアドレスに「メルマネ送金通知メール」が送られる
  5. 45日以内に「 メルマネ送金通知メール」記載のURL から受け取り手続きを行う

以上になります。

注意点としてはまず一貫してメールアドレスを途中で変えてはならないことと、楽天銀行から「メルマネ送金通知メール」が送られてきてから45日以内に手続きしなければキャッシュバックが受け取れないというこの2点になります。

メルアドを変えたらアウトですし、受け取り手続きにも期間が制限されているので、キャッシュバックの受け取り自体は若干難しいですね。

DTI光申し込みの流れ

DTI光申し込みの流れ

キャッシュバックを受け取るには、新規申し込みが必要となるので、以下ではその申し込みの流れについてご紹介します。

まずはDTI光公式サイトのトップページにアクセスします。

DTI光の申し込みボタンをクリック

ページの一番下か、画面右下にあるポップアップ画面にある緑色の「DTI光申し込みはこちら」ボタンをクリックします。

DTI光 申し込みフォーム

すると「DTI光 申し込みフォーム」のページに移るので、そこで「居住タイプ」「氏名」「住所」などの必要事項を記入し、一番下にある「確認」ボタンを押します。

DTI光 申し込みフォーム(確認画面)

確認画面に移るので、入力した情報に誤りがなければ、下にある「申し込む」のボタンを押します。

これで申し込みは完了です。
あとはDTI光の方から申し込み内容確認と開通工事日についての連絡がくるので、工事の日程を決めた後開通工事を行い、インターネット接続設定をすれば光回線が使えるようになります。

転用の場合はキャッシュバックが貰えないので注意

転用の場合はキャッシュバックが貰えないので注意

新規申し込みではなくフレッツ光からDTI光に転用する場合は、工事が不要になり工事費がかからない反面キャッシュバックが受け取れません。

更にネットワーク工事料といった料金も請求されるので、フレッツ光から転用する際はこうした点について注意しておきたいところですね。

dti光の問い合わせ先

dti光の問い合わせ先

DTI光の問い合わせ先は下記の通りです。

問い合わせ方法 問い合わせ先
WEB DTI光公式サイト
電話(入会相談ダイヤル) 0120-665-495
(受付時間 10:00〜19:00(年末年始を除く))

dti光の解約方法とクリーングオフ

DTI光の解約方法について

DTI光で解約する際は電話で手続きする必要があります。
解約手続き先の電話番号は下記の通りです。

電話 電話番号 受付時間
固定電話 0120-830-501(フリーダイアル) 平日10:00~17:00
携帯電話 (186)-03-5749-8091

DTI光ではクーリングオフは可能?

dti光の解約方法とクリーングオフ

DTI光の場合はクーリングオフが可能で、申し込み後案内が届いてから8日以内に解約すると違約金なしで解約することができます。

DTI光では利用する地域によって繋がりにくいというケースもあるので、開通後は速やかにネットを使ってみて、問題がありそうであればクーリングオフを使って違約金が発生する前に解約をすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です