ビッグローブ光の評判と口コミ。biglobeの料金は高いといわれるのはマジ?

ビッグローブ光の良くある評判と口コミをピックアップ

ビッグローブ光の良くある評判と口コミをピックアップ

ビッグローブ光の良くある評判と口コミをピックアップ

ビッグローブ光はプロバイダで有名なBIGLOBEが運営する光回線サービスですが、その評判口コミはどうなのでしょうか?

下記ではそんなビッグローブ光を利用した人たちの口コミについて、良くも悪くもありがちな意見についていくつかまとめてみました。

通信速度が速い

通信速度が速い

ビッグローブ光は通信速度が速いという声が多いです。

中でもオプションとしてipv6という最新の接続方式を選んでいる場合は、とりわけ通信速いという声が続々挙がっています。

引越し時でも工事費が無料になる

引越し時でも工事費が無料になる

ビッグローブ光の場合は、引越しをしたとしても新居でかかってくると思われる工事費が、なんと無料になるようです。

転勤に伴い引越しをする機会が多いような方には、かなり嬉しいですね。

料金は特に安いわけでも高いわけでもない

料金は特に安いわけでも高いわけでもない

料金に関してはユーザーの中では「凄く安かった」「他社よりもかなり高くついた」といった意見もありますが、割合的には「特に安いわけでもない」「各段高いわけでもない」といった声が多いです。

なので価格重視で選ぶ場合は、あえてビッグローブ光を選ぶ必要はないと考えられます。

サポートの問合せに時間がかかる

サポートの問合せに時間がかかる

ビッグローブ光はサポートへの問合わせする際に、中々繋がらないという口コミも多くあります。

また対応に関してもあまり良くないという内容の口コミが多いので、光回線の契約が新規のような場合で良く分からず、電話でサポートを受けたいと思っているような場合には注意が必要ですね。

勧誘・営業電話がしつこくかかってきた

ビッグローブ光は勧誘・営業電話がよくかかってくるという声も多く見受けられます。

場合によってはあまり常識的ではない時間帯に電話が鳴るということも。

ただしこれは厳密にはビッグローブからではなく、ビッグローブの代理店(契約窓口)による営業電話であり、ビッグローブそのものに問題がある訳ではありません。

ちなみにこの光回線の代理店による勧誘・営業電話は、ビッグローブ光以外の光回線でも行われているので、契約する気がないのであればその場できっぱりと断っておくと良いでしょう。

通信速度が遅い

通信速度が遅い

このようにビッグローブ光は、通信速度が遅いという口コミも良くありがちだったりします。

ipv6プラス接続であれば、通信速度が著しく遅くなるということは考えにくいので、おそらくそれ以前の通信速度が遅くて不安定な古いタイプのipv4接続などで利用したユーザーによる口コミだと思われます。

違約金が高い

違約金が高い

ビッグローブ光は違約金の他工事費残債もかかるので、解約金がトータルで非常に高くつくという点においても不満の声が少なからずあがっています。

biglobe光の料金プラン

biglobe光の料金プラン

biglobe光の料金プランは下記の通りです。

一戸建て
(ファミリータイプ)
・5,180円/月(2年プラン)
・4,980円/月(3年プラン)
集合住宅
(マンションタイプ)
・4,080円/月(2年プラン)
・3,980円/月(3年プラン)

※集合住宅でも東日本エリアでは3戸以下、西日本エリアでは5戸以下の集合住宅であれば、戸建ての月額料金になります。

2年と3年プランがありますが、biglobe光では3年プランの方が少しお得になります。

biglobe光とフレッツ光との違いについて

biglobe光とフレッツ光との違いについて

では同じ回線であるフレッツ光と比べてみるとどうなのでしょうか?

下記は同等のプランに当たる両者の料金の比較表です。

回線 一戸建て 集合住宅
フレッツ光 5,700円/月 4,300円/月
biglobe光 4,980円/月(3年プラン) 3,980円/月(3年プラン)

このようにbiglobe光は集合住宅なら300円、戸建てならば700円もフレッツ光に比べて月額料金が安くなります。

またフレッツ光の場合は、別途プロバイダとの契約が必要であり、その分引越し時における住所変更手続きなどが面倒になってきます。

一方でbiglobe光の場合であれば、契約が回線+プロバイダのセットのような形になるので、解約・契約手続きも一社だけで済みますし、住所変更手続きも楽で料金も回線とプロバイダでまとめて請求させるので、安い上に便利になります。

なので現在フレッツ光を利用している場合でau携帯・スマホを使っており、かつプロバイダがbiglobeであるような場合は、biglobe光に変えることで光回線をより安くて便利に使えるというメリットが期待できます。

au携帯・スマホユーザーならauセット割が利く

au携帯・スマホユーザーならauセット割が利く

ビッグローブ光の場合、au携帯・スマホユーザーならば、auセット割が適用されます。

このセット割には2種類あって、次の2つのうち1つだけ選択できます。

  1. auスマートバリュー
  2. auセット割

auスマートバリュー

auスマートバリュー

auスマートバリューは光回線とセットで契約することで、毎月の携帯・スマホの料金から割引が適用されるというものです。

割引対象はau携帯・スマホを持つ家族全員になります。(タブレット・パソコン含む合計10回線まで割引適用)

auスマートバリューの適用条件は、ビッグローブ光とau携帯・スマホの契約はもちろん、オプションとしてビッグローブ光電話に加入する必要があります。

ちなみにビッグローブ光電話というのは固定電話サービスのことで、月額500円と他の固定電話に比べると割安になります。

auスマートバリューを選ぶメリット

auスマートバリューを選ぶメリット

auスマートバリューを選ぶメリットとしては下記のポイントがあります。

  • データ容量の多いプランだと最大で2,000円とauセット割よりも多く割引される場合がある
  • 一人ではなく同一住所に住む家族のauスマホもすべて割引される

このようなことから家族でauスマホを利用している場合や、データ容量の多いプランである場合、固定電話サービスも利用する場合にはauスマートバリューの方が向いています。

auスマートバリューの割引金額

auスマートバリューの割引金額

auスマートバリューの割引金額は下記の通りです。

プラン 割引額
1~2ギガ以下 500円/月
4ギガ以下 934円/月
5~20ギガ 1,410円/月
21ギガ以上 2,000円/月

これらは家族一人ひとりに適用されるので、家族で住んでいる場合は固定電話サービスにも加入して、スマートバリューでの割引を受けると良いでしょう。

auセット割

auセット割

一方でauセット割は光回線とセットで契約することで、携帯・スマホ代ではなく毎月の回線代金から割引が適用されるというものです。

割引対象はau携帯・スマホ1台のみとなります。

auセット割を選ぶメリット

auセット割を選ぶメリット

auセット割を選ぶメリットとしては下記のポイントがあります。

  • ビッグローブ光電話に加入してなくても割引適用される

このように固定電話サービスであるビッグローブ光電話に加入しなくても良いので、このサービスにかかる月額料金500円を毎月支払う必要がありません。

なので一人で利用する場合で固定電話が不要であれば、auスマートバリューを選ぶ場合よりも、こちらの方が月々500円だけ実質的にお得になります。

ただしauセット割にはauスマートバリューのように、割引対象がau携帯・スマホを持つ家族全員ではなく、あくまで1台までしか適用されません。

このことからauセット割は、家族ではなく一人暮らしをしておりau携帯・スマホが1台しかない場合や、ビッグローブ光電話に加入せずにau携帯・スマホの割引を受けたい場合に選ぶと良いでしょう。

auセット割の割引金額

auセット割の割引金額

auセット割の割引金額は下記の通りです。

プラン 割引額
3ギガ以下 500円/月
5~30ギガ 1,200円/月

利用者が比較的多いとされる5~20ギガ以上のプランでは、auスマートバリューでの割引額とさほど変わらないうえに、ビッグローブ光電話(月額500円)に加入しなくても良いので、一人暮らしでありau携帯・スマホが1台しかないのであれば、auセット割の方が大変お得です。

ビッグローブ光の特徴(メリット・デメリット)は?他の光回線との違い

ビッグローブ光の特徴(メリット・デメリット)は?他の光回線との違い

結局のところ上記口コミなどから、ビッグローブ光のメリット・デメリットは主に下記のような事が言えます。

ビッグローブ光のメリット

ビッグローブ光のメリット

ビッグローブ光のメリットは以下の通りです。

  • ipv6プラス対応により通信速度が速い
  • 対応エリアが広く引越し時の手続きも楽
  • 引越し時は工事費が無料になる

ipv6プラス対応により通信速度が速い

ipv6プラス対応により通信速度が速い

ビッグローブ光に契約するメリットとしてまず挙げられるのが、ipv6プラスという通信速度の速い接続方式に対応しているということです。

v6プラスは従来のPPPoE接続とは違い、帯域制限というものがないので、通信速度が著しく向上するうえに、夜間などの利用者が多くなるような時間帯でも速度が安定しているのが特徴的です。

つまりこれがあることによって、従来よりも非常に快適にネットが使えるようになります。

ちなみにipv6プラスに対応しているプロバイダは、今のところ僅か数社程度しかなく、ビッグローブ光はそのうちの貴重な一社になります。

ビッグローブ光でipv6プラスを利用する場合は、光電話も同時に利用している場合は無料ですが、そうでない場合は専用の接続機器(無線LAN付き)をレンタルする必要があります。

なおレンタル料は月額500円で、返送する場合は手数料として1,300円かかります。
ただし今ならキャンペーン中により、開始から1年間だけこのipv6接続できるルータが月額無料でレンタルできます。

対応エリアが広く引越し時の手続きも楽

対応エリアが広く引越し時の手続きも楽

ビッグローブ光はフレッツ光と同じ光回線を使用しているので、対応エリアは全国になります。

なので引越しの際に、新居先の地域では基本的にビッグローブ光が使えないということがありません。

つまり「引越し先ではビッグローブ光が対応エリア外だから、解約してまた新たにその地域で利用できる光回線と契約しなければならない」ということもありません。

またauスマホユーザーの場合で、沖縄などauひかりが使えないような地域でもビッグローブ光ならば使えることができます。

ちなみに沖縄でauスマホユーザーだという場合は、auひかりの代わりにビッグローブ光を使うと、キャッシュバックを含めた実質費用では最安クラスになるのでおすすめです。

引越し時は工事費が無料になる

引越し時は工事費が無料になる

ビッグローブ光では回線利用開始後、途中で引越しすることになった場合、なんと新居先での工事費が何回でも無料になります。

このことに関しては、他の光回線業者にはないビッグローブ光ならではのメリットとなるので、引越しをする機会が多いような方には最適です。

ただしこの何度でも転用費が無料になるサービスというのは、3年プランでの契約が条件になるので、この点だけは注意が必要です。

ビッグローブ光のデメリット

ビッグローブ光のデメリット

ビッグローブ光のデメリットは以下の通りです。

  • 解約するタイミングによっては解約金や工事費残債が非常に高くつく
  • v6プラス対応無線ルーターは最初の1年しか無料レンタルにならない

解約するタイミングによっては解約金や工事費残債が非常に高くつく

解約するタイミングによっては解約金や工事費残債が非常に高くつく

口コミでも言われている通り、ビッグローブ光は解約するタイミングによってはその解約金が非常に高くつきます。

この解約金の内訳としては、違約金と工事費残債によるものです。

違約金 ・9,500円(2年プラン)
・20,000円(3年プラン)
工事費残債 ・最大30,000円(戸建て)
・最大27,000円(集合住宅)

つまり契約後に通信速度が想像以上に遅かったので、すぐに解約したくなった場合は、例えば戸建てで3年プランだと違約金20,000円+工事費残債30,000円=合計50,000円も支払わなければなりません。

ちなみにビッグローブ光での工事費割引は、750円(戸建て)or675円(マンション)×40カ月間で割り引かれ、実質的に工事費が無料になるという仕組みになっています。

したがって工事費を無料にするためには、利用開始から40カ月以降とかなり先の話になり、3年プランでの契約更新月に解約をしても、違約金は無料にできますが工事費を一部負担しなければなりません。

このように解約する際に工事費と違約金を無料にするには、長年利用しなければならなかったりとそのタイミングがシビアなので、こうした点に関してはデメリットとなります。

v6プラス対応無線LANルーターは最初の1年しか無料レンタルにならない

v6プラス対応無線LANルーターは最初の1年しか無料レンタルにならない

ビッグローブ光にはipv6接続に対応していることが強みですが、ビッグローブ光電話(固定電話サービス)に加入していなければ、v6プラスに対応した無線LANルーターをレンタルする必要があります。

この接続機器は最初の1年間は、他の光回線業者と同様に返却手数料も含め無料で借りれるのですが、それ以降は毎月500円かかりますし、返却時にも手数料として1,300円かかってしまいます。

そしてなにより注意しておきたいのが、このレンタル機器の解約後1カ月を過ぎても返却しなかった場合は、端末代金相当額として16,000円を支払わなければならなくなります。

なのでこのv6プラス対応ルータは、解約後なるべく迅速に返却するようにしておきたいところです。

尚v6プラス対応のルーターは、一応市販のものを購入できるので、無料レンタル期間が終わったら返却して、その後市販のものを購入するのも手です。

ちなみにv6プラス対応の市販のルーターは約6,000円程度かかりますが、ビッグローブでの月額料金は500円なので1年で元が取れます。

ビッグローブ光はこんな人におすすめ

ビッグローブ光はこんな人におすすめ

口コミやメリット・デメリットから、ビッグローブ光は下記のような場合におすすめです。

  • au携帯・スマホユーザーである場合
  • auユーザーの中でも沖縄などauひかりが対応エリア外である場所に住んでいる場合
  • v6プラス接続でいつでも安定して速い通信回線を求める場合
  • フレッツ光を契約しておりプロバイダがビッグローブである場合
  • 転勤に伴い引越しをする機会が多い場合(引越しに伴う工事費用が何度でも利用になる特典を利用)

ビッグローブ光の申し込みはキャッシュバックの多い代理店がお得

ビッグローブ光はもちろん他の光回線業者でもそうですが、申し込む際は特典として付いてくるキャッシュバック額が多くもらえる代理店(申し込み窓口)を選ぶと大変お得です。

ビッグローブ光の代理店は色々ありますが、中でもキャッシュバックが多くもらえるうえに、その受け取り方法も簡単ですぐにもらえるところとして今最もおすすめなのが「株式会社NEXT」です。

ビッグローブトップ画像

株式会社NEXTでビッグローブ光の申し込みをすれば、下記の特典がもらえます。

キャンペーン①
(3年プラン限定)
キャンペーン②
・新規契約で現金35,000円キャッシュバック
・転用で10,000円キャッシュバック
(新規・転用いずれも共通で工事費から300円×40回割引付き)
・3年プランで25,000円キャッシュバック+実質工事費が無料になる
・2年プランで25,000円キャッシュバック+工事費用が3,000円になる

トータルの割引額で考えれば、キャンペーン②の方が少しお得です。

キャンペーン期間は2019年01月01日 ~ 2019年01月31日限定なので、気になる方は早めにチェックしてみてはいかがでしょうか?

ビッグローブ光の申し込み手順

ビッグローブ光の申し込み手順

ここでは上でご紹介した代理店「株式会社NEXT」での申し込み方法について記載していきます。

ビッグローブ代理店株式会社NEXT

まずは株式会社NEXTのサイトにアクセスします。(上記画像をクリックすればアクセスできます)

株式会社NEXT ウェブ申し込みページへ
トップページの画面右上にある「ウェブからの申し込みはこちら」をクリックします。

株式会社NEXT ウェブ申し込みページその2

申し込みページで必要事項を記入していきます。必須と書かれている個所は必ず記入する必要があります。

株式会社NEXT ウェブ申し込みページ 確認用の同意申し込みページ

全て記入し終えたら一番下にある「確認」ボタンを押しましょう。

株式会社NEXT ウェブ申し込み 確認ボタンを押した後

最後に確認画面が表示されるので、その内容に間違いがなければ「送信」ボタンをクリックします。

これでWEB申し込みが完了しました。
あとは以下のような流れを経て利用することができます。

  1. オペレーターから指定の日に折り返し連絡が来てプランを決める
  2. 株式会社NEXTとビッグローブから郵送物を受け取る
  3. 回線工事日の相談を行う
  4. 立ち合い工事終了後ビッグローブ光開通完了

キャッシュバックに関しては、株式会社NEXTだと最短で2ヶ月後の月末に振込口座を電話かSMSで登録するだけで受け取ることができます。

面倒な手続きや条件などは一切ないので、確実にキャッシュバックを受け取れそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です