auひかりの評判と口コミからメリットとデメリットを料金を見ながら調査 

auひかりは大手3キャリアで初めてスマホとのセットプランを提供した人気の光回線プランです。

今回は、

  • auひかりを利用した人の口コミと評判
  • auひかりのサービス内容
  • メリットとデメリット

などを詳しくご紹介したいと思います。

auひかりが気になっている人や、auユーザーで光回線の導入を検討している人の参考になれば嬉しいです。

光回線ネット回線おすすめ比較ランキング。インターネットプロバイダはこれ


【公式】auひかり公式サイトはこちら

auひかりユーザーの口コミと評判を大調査!

まずは、auひかりを実際に利用したことのあるユーザーの感想をいくつかご紹介しますね。

・良い評判

まずは、auひかりを利用していてよかったという利用者の意見から。

■回線品質
回線速度に関しては、言うまでもありませんがauひかりの方が断トツで便利です。
理論上の最大速度はWiMAX2+の10倍の1Gbps。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14121764744?__ysp=YXXjgbLjgYvjgoo%3D

S.Fさん 20代女性

auのスマホをずっと使っているので、サービス開始当初からずっとauひかりを利用しています。

ネットで調べると、速度が遅いとかネガティブな意見がよく見られて申し込む前には不安に感じることもありましたが、違約金負担してくれるとのことで思い切って利用してみることにしました。

結果、噂されていたような不具合は起きることはなく、通信の速度もスムーズで契約してよかったと思います。

毎月の請求金額もプランをまとめることで、割引されるのでとても助かっています。

F.Aさん 30代男性

結婚と引っ越しを機に、スマホをauに乗り換えました。

せっかくなので、新居での光回線もauのものにしようということになりお得に契約できるところを調べました。

すると、キャッシュバックなどをしている窓口を見つけることができ、思っていたよりもずっと安く利用することができ、助かりました。

映像配信サービスを利用したかったので、Wi-Fiよりも安定してスピード通信ができるひかり回線にしてよかったと思います。

オンラインゲームが好きな友人も、auひかりの5Gプランに切り替えてかなり快適になったと言っていました。

普通のネットサーフィンだけでなく、大きなデータをやり取りする人にもおすすめです。

・悪い評判

G.Tさん 40代男性

以前からauの携帯を使っていて、そのエリアの広さや安定して使える守備の広さへのファンでした。

光回線の導入が発表されたときは、すぐに申し込みたいと思いましたが残念ながら当時居住していた地区は対象外でした。

しばらく経ってから我が家のエリアも対象内に入ったので、申し込みました。

しかし、期待していたよりは速度が出なかったです。

知人は普通に早く使えると言っていたので、もしかしたら地域によって繋がりやすさが変わるのかもしれません。

繋がりにくい地方に住んでいる人は、自分のようにすぐ登録するのではなく自分の家や地域の通信の安定性を調べてから利用すると良いのではないでしょうか。

もうすぐ契約満了の更新月を迎えますが、正直継続するかは微妙です。

H.Aさん 30代女性

自宅のネット環境を改善したいとかねてから思っており、大手キャリアなら安心だろうとauひかりに乗り換えることを決めました。

ネットで検索すると、色々なキャンペーンをやっているようで一番キャッシュバック金額が高いところに決めました。

しかし、実際には有料オプションを利用することなどが条件としてあり、実質的にはお得とは言い難いものでした。

残念だとは思いながらも、焦って決めてしまった自分の落ち度でもあるので決められた期間は使い続けようと思います。

これからauひかりを利用したいと考えている人は、申し込む窓口をきちんと時間をかけて精査するといいのではないでしょうか。

通信やサービス自体は満足しているので、他社でもっといいプロバイダがあれば乗り換えようと予定しています。

このように、実際にauひかりを利用した人の意見には賛否両論ありました。

通信についてはおおむねいい評価をしている声が目立ちましたが、一部エリア対象内と外のゾーンに住んでいる人や、アンテナ基地局から距離のある人は「公式でアナウンスしているほど速度が出ない」という声も。

また、プロバイダが行なっているキャンペーンについても会社によってかなり意見が変わっています。

お得に安く契約できた!という人がいる一方で、知人への紹介を強要された。欲しくもないオプションをたくさんつけられた。という人もいました。

たしかに、いっときよりは落ち着いたとはいえ契約数を伸ばすために内容の伴わないキャンペーンを打っている会社もあるのは事実です。

この記事内では、安心して利用できるキャンペーンを行なっているプロバイダを厳選してご紹介するので、参考にしてみてください。

auひかりのメリットは?

auひかりを利用する際に考えられるメリットは、こんなものがあります。

スマホとセット割がお得

大手キャリアのauが提供する通信サービスだけあって、auスマホとのセット料金が割引されるのが嬉しい特徴です。

複数の端末で月額料金の割引が適用されるので、自分一人だけではなく家族単位で利用することもできますよ。

割引される金額と対象のプランは、後ほど詳しく解説します。

auひかりを解約すると日割りになる?返却費用と撤去の流れまで解説


【公式】auひかり公式サイトはこちら

デメリットもチェックしておこう

auひかりは、魅力がたくさんあるサービスですがその一方でここは難点だと感じる部分も。

一戸建ての場合コストがかかる

戸建てでauひかりを利用する場合、工事費はマンションよりも7,500円高くなります。

また、解約時は回線の撤去作業が必須なため最低でも28,800円はかかってしまうことをお忘れなく。

ホームタイプの工事費が60カ月払い

戸建て利用の場合工事費を分割払いすることで、割引で実質負担を減らすことができます。

これは単純に長く利用してもらいたいからということなのですが、マンションタイプは1,250円×24回払いという比較的短期間で利用できるにもかかわらず、戸建てタイプは625円×60回払いとなっています。

使い続ければ実質負担額は0円ですが、5年という長い期間をどう捉えるかは利用者の判断に委ねる他なさそうです。

auひかりはKDDIのサービス

auひかりはその名前からも分かるように、大手携帯キャリアのauを運営している株式会社KDDIが行なっている光回線事業です。

もともとKDDIは「光プラス」という名称で独自のサービスを展開していましたが、東京電力のTEPCOひかりとパートナーシップを結び、「ひかりone」として2000年代初めから光ファイバーの通信事業をスタートしました。

初めは最大通信速度は100Mbpsでしたが、現在は理論値で1Gbpsまでスピードが上がっています。

2000年代中盤になってからはサービスを拡大しており、2006年にはDIONと@niftyしかなかったプロバイダも2010年ほどから急激に増え、何十社もの企業がプロバイダとして契約窓口となっています。

ドコモ光やソフトバンク光との違いは、KDDI独自の回線を利用していることです。

他キャリアは、法律や設備環境のためNTTの回線を利用する光コラボレーションという制度を導入している場合が多いですが、自社で回線を用意することで独自のサービスを提供することができるのかauの強みです。

実はauも、2003年のサービス開始時点ではNTTの光回線を利用していましたが競合であるフレッツ光との差別化を図るため、東京電力と提携してハイクォリティなオリジナルのインターネットサービスの構築を目指しています。

実際に研究や開発は進んでおり、速度も他社と比べても早くなっていたりと独自路線を行くのが人気の所以でしょう。

光回線を使ったサービスには、インターネット通信の他に電話サービス、オンデマンド型の映像配信サービスがあります。

長年ネックとされていた対応エリアも、関東地方を中心に本州の都市部など徐々に拡大しています。

ただ、地区によってはNTTの回線を利用しているところがあったり、auではなくKDDIの系列会社がサービス展開しているなどエリアによって内容が変わる可能性もあります。

・会社概要

社名 KDDI株式会社

KDDI CORPORATION

設立 1984年 6月1日
代表 髙橋 誠
連絡先 電話番号:03-3347-0077
所在地 東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー

速度を他社と比較。フレッツ光やドコモ光との速度

光回線でもっとも重要なのは通信速度ではないでしょうか。

現在メジャーなサービスの速度を比較してみました。

サービス名 最大速度
auひかり 1Gbps(一部エリア最大10Gbps)
フレッツ光 1Gbps
ドコモ光 1Gbps
NURO光 2Gbps

このように、以前は光回線で最速だったのはNURO光でした。

しかし、auひかりはそれをはるかに上回る超高速通信を実現しています。

今はまだ都内など一部エリアのみの提供ですが、今後順次拡大していくとみられています。

auひかりの10Gbsの高速プラン

最大通信速度10Gbpsとは驚異的な数字ですが、それもそのはずイギリスの調査会社の発表によると光回線として世界でも最高速度であることが分かっています。

2018年3月から開始されたばかりのサービスのため現在の対応エリアは

  • 東京都
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川

の一部に限られています。

ただ、auひかり独自の回線でのみ使える機能なので関東地方であっても住んでる自治体によってはNTTの回線を利用していて高速プランが適用されないことも。

提供されるプロバイダも限られており、

  • So-net
  • @nifty
  • BIGLOBE
  • auonenet

の5社からの申し込みで利用できます。

また、このサービスは戸建て限定の有料オプションとして提供されており、毎月の基本料金にプラスして請求されます。

費用は以下の表の通りです。

プラン名 月額料金 割引額
5Gbpsプラン 500円 500円
10Gbpsプラン 1,280円 500円

現在サービス開始直後ということもあり、「超高速スタートプログラム」という割引が適用されます。

月額500円割引されるので、5Gbpsの場合だと実質無料で利用できることに。

また、10Gbpsの場合は実質780円で利用できます。

超高速スタートプログラムの利用条件は、3年間継続して利用し続けるということ。

2年間の契約の場合はこの割引は適用されません。

ただ、戸建て専用のプランなので3年縛りであっても問題はないかと思います。

もちろんこの数値は理論値なので、実際にはもっと遅くなる可能性も大いにあります。

ただ、実測値でも1〜2Gbps出ていることが多いのでこれまでよりも格段に早いプランであることは間違いないようです。

一点注意したいのが、パソコンの設備を自分で変えなければいけないということ。

現在市販されているパソコンの多くは1Gbpsが対応上限です。

そのため、LANケーブルとパソコン内のLANカードを10Gbpsに変える必要があります。

自分でやってももちろんOKですが、機械に疎い場合などはパソコンショップに持ち込むといいでしょう。

増設費やカスタム代は実費負担となりますのでご注意くださいね。

速度制限に気をつけろ

有線接続としては珍しく、auひかりには通信制限が存在しています。

3日間で10GB以上利用すると、一時的に通信速度に制限がかけられますのでバランスよく利用してくださいね。

auひかりをマンションで使用する方法。対応マンションはこちら

・プランのチェック方法

マンションでauひかりを契約する場合、住んでるエリアやマンションのタイプからプランが決まります。

自分が住んでるマンションの設備が分からないという場合はau公式サイトから確認できますよ。

チェックの仕方は簡単です。

1.auひかり公式サイトへアクセス

2.「auひかり」エリア検索ページへ移動

3.検索窓から郵便番号を入力してエリアチェック

4.そのエリアのマンション名が一覧で出るので、自分が住んでるマンションをクリック

これだけの手順で、自分のマンションの通信環境を知ることが出来ます。

自分の住んでいるマンションが表示されないときは、auひかり対象外かもしれません。

近くにauショップがあれば、本当にエリア対象外か調べることができますよ。

必要な初期費用はどのくらい?

auひかりを利用するために必要な初期費用は、事務手数料と工事費です。

金額はこの通り

事務手数料 3,000円
戸建て(ホームタイプ)
一括払い 37,500円 分割払い 625円×60ヵ月
集合住宅(アパートタイプ)
一括支払い 30,000円 分割支払い1,250円×24ヵ月

ただ工事費は一括払い以外で、分割での支払いもあります。

分割払いの場合は月々の負担額をそのまま割引されるので、利用者の実質負担は無料になります。

auひかりの月額料金プラン

・料金プラン

戸建て(ホームタイプ)
2年契約 5,200円
3年契約 5,100円(初年)

5,000円(2年目)

4,900(3年目)

集合住宅(アパート・マンションタイプ) 3,400円〜4,100円(マンションの設備環境による)

・他社との比較

サービス名 月額料金の目安
auひかり 5,100円
ソフトバンク光
ドコモ光
@nifty光
5,200円
NURO光 4,743円
So-net光
@tcom光
OCN光
5,100円
ぷらら光 4,800円
ビック光 4,960円
U-NEXT光 4,980円
ビッグローブ光
AsahiNet光
5,180円
光ギガ 5,300円
iSmartひかり 5,400円

auスマートバリューがめちゃお得

auスマートバリューとはauの携帯サービスの他にKDDI関係のサービスを利用することで月額料金がお得に割引されるサービスのことです。

もちろんauひかりを利用する時も、このスマートバリューが適用されて毎月の支払い金額が抑えられます。

スマートバリューを適用させるためには、auひかり電話も一緒に申し込む必要があります。

auひかり電話の月額料金は500円で、普通の固定電話サービスの1,700円と比べると3分の1程度に抑えられますよ。

スマートバリューの申込方法は、auひかりとは異なります。

光回線を申し込んだらauショップへ行って、スマートバリューの申請を行いますよ。

スマホとのセットでどれだけ割引される?

auひかりは、スマホやタブレットガラケーなどのプランとセットで利用することで毎月の支払い金額を割引きできます。

対象となるプランと割引される金額は以下の表の通り

auのスマホ向け対象プラン 割引金額
データ定額プラン

(10GB・15GB・30GB)

最初の2年間は最大2,000円 (それ以降は934円の値引きになります。)
データ定額プラン
(5 GB ・8 GB ・20 GB)

LTEフラットプラン

(スマホとタブレットのデータプラン)

最初の2年間は最大1,410円 (それ以降は934円の値引きになります。)
auフラットプラン

(20GB・30GB)

auフラットプラン25(25歳以下のユーザー向けプラン)

Netflixパック(映像配信サービスのセットプラン)

auピタットプラン

(2GBから20GBまでの全データ量対象)

最大1,000円
データ定額プラン

(2GB・3GB)

子供向けプラン

シニア層向けプラン

ガラケー用のプラン

最初の2年間は最大934円 (それ以降は毎月500円の割引きが適用されます。)
上記以外のデータ量が少ないプラン 一律500円

プランの内容によって割引される金額は異なりますが、子供向けケータイやガラケーとのセットでも割引が適用されるのは便利ですね。

【2019年最新版】新規申し込みキャンペーンを利用

auひかりの新規申込キャンペーンはいくつかか利用できます。

・auの公式割引

工事費負担 最大37,500円

他社からの乗り換え違約金 最大30,000円

・実店舗での割引

戸建て 23,000円〜30,000円

集合住宅 18,000円〜25,000円

・プロバイダでのキャンペーン

次項で解説

auひかりのおすすめプロバイダを紹介

現在auひかりでは、複数のプロバイダから窓口を選ぶ事ができます。

中でもおすすめは

  • So-net
  • BIGLOBE
  • au one net
  • @nifty
  • @tcom
  • AsahiNet
  • DTI

の7社です。

自分に合ったプランやキャンペーンを利用できますよ。

詳しい内容はそれぞれご紹介します。

【So-net】

世界的企業であるソニーのインターネット事業を担当しているSo-net。

インターネットサービスとしての歴史は古く、ノウハウや経験が豊富で初めて使うユーザーにも使いやすくサポートがしっかりとしているのが魅力です。

auひかりのプロバイダの中ではもっとも人気のある会社です。

特典内容は、

キャッシュバック金額 50,000円
セキュリティサポート 月額500円(24か月無料)
メールアドレス 4つまで作成可能
メール容量 無制限
ホームページの容量 10MB
リモート(遠隔)サポート 月額300円
スタッフ出張サポート 一回2,000円〜

とこのようになっています。

まず目を引くのがキャッシュバック金額50,000円という数字で、これはプロバイダの中でもトップの金額の高さです。

さらに注目したいのがセキュリティとサポートの内容で、パソコンなどで使えるセキュリティソフトは通常月額500円ですがなんと24か月間無料で使う事ができるんです。

さらに、このセキュリティソフトの適用できる端末の台数は1契約につき5台までなので、タブレットやスマホなどネットを使う端末が複数ある場合や家族で利用するばあいなどに便利ですよ。

それに加えて離れたところから自分のパソコンの設定やトラブル解消などが利用できるリモートサービスは、最初の2か月間無料で使えます。

最初の設定で戸惑うことが多いので、契約した初期に無料でこういったサポートが利用できるのはかなり便利ですよね。

【BIGLOBE】

こちらも老舗インターネットサービスのBIGLOBEです。

もともとはNECの関連サービスでしたが、ネットサービスでユーザーを拡大しのちに独立しています。

プロバイダとして使ったことはなくても、検索サイトやニュースサイトは誰しも使った事があるはず。

BIGLOBEもSo-netと同じくキャッシュバックは最高額です。

キャッシュバック金額 50,000円
セキュリティサポート 月額料金380円
メールアドレス 5つまで作成可能
メール容量 5GB
ホームページの容量 100MB
リモート(遠隔)サポート 月額475円
スタッフ出張サポート 一回2,000円〜

特典やサポート内容は上記のような感じです。

セキュリティやサポートの無料お試しなどはありませんが、BIGLOBEのセキュリティソフトはクオリティが高く使いやすいと幅広く人気があります。

その他にも、メールやホームページの容量が大きいのが特徴です。

仕事で使うことがメインの人にオススメしたいサービスですね。


【公式】auひかり公式サイトはこちら

【au one net】

au one netはKDDIとDIONの関連サービスのプロバイダで、公式的な存在です。

キャッシュバックは他社と比較すると少なく感じますが、公式のサービスを安心して使いたいという人におすすめです。

キャッシュバック金額 10,000円
セキュリティサポート 月額料金300円
メールアドレス 5つまで作成可能
メール容量 5GB
ホームページの容量 100MB
リモート(遠隔)サポート 月額500円
スタッフ出張サポート 一回2,000円〜

キャッシュバック金額に関係なくKDDI公式のサポートを受けたい人から人気が高いです。

メールアドレスの作成数が多いのが特徴で、ご家族にメールを振り分けることもできますよ。

ただ、セキュリティサポートは1つの契約につき3台までの端末でしか利用できないのでご注意を。

【@nifty】

長い間人気のプロバイダとしてユーザーが多い@niftyは、家電メーカーの富士通のインターネットサービスですがキャッシュバックなどの面でいうとお得度はやや低め。

それでも10,000円のキャッシュバックがもらえたり、充実のサポートが利用できることから根強いファンも多いようです。

キャッシュバック金額 10,000円
セキュリティサポート 月額料金500円
メールアドレス 1つまで作成可能
メール容量 5GB
ホームページの容量 4GB
リモート(遠隔)サポート 月額300円
スタッフ出張サポート 一回2,000円〜

気になるのがメールアドレスが1つしか作れないということ、端末ごとにメールアドレスを割り振りたい、家族で使いたいという場合には別途サービスを利用しなければいけません。

とはいえ、最近はむしろGmailなどのフリーメールを使う場合が多いので大して不便に感じるということもなさそうです。

ホームページの容量が大きいのも特徴の1つですが、実はこれは有料サービスで月額料金600円をサーバー代として支払う必要がありますよ。

ただ、こちらも損と捉えるのは懐疑的。一昔前ならともかく、現在はより手軽なSNSを利用する人が多いからです。

個人利用の他にも趣味のアカウント、仕事のアカウント…などと使い分けがしやすいからむしろ今はこちらの方が人気。

なにかクリエイティブなことをしている人、仕事でホームページを作りたい人にはサーバー代としては安いのではないでしょうか?

少し前まではキャッシュバックなどキャンペーンに力をいれていた印象ですが、最近は無駄をカットして合理的なサービスを行なっている印象の@nifty。

自分でカスタマイズしたいのでシンプルなプランやサービス内容がいい、以前から@niftyを使っていたという人におすすめです。

【@tcom】

あまり耳馴染みがないプロバイダですが、中部地方に住んでいる人にはおなじみのTOKAIコミュニケーションズ運営のれっきとしたインターネットプロバイダです。

キャッシュバックなどの特典は特になく、サービス内容もいたってシンプルです。

キャッシュバック金額 0円
セキュリティサポート 月額料金490円
メールアドレス 1つまで作成可能
メール容量 無制限
ホームページの容量 20MB
リモート(遠隔)サポート 月額500円
スタッフ出張サポート 一回2,000円〜

ただ、セキュリティサポートを適用できる端末数は6台までと、全プロバイダの中でも最も多い数です。

ご家族で使うのが目的という場合や、地域密着型のサービスを利用したいという場合におすすめです。

【AsahiNet】

朝日ネットが展開するインターネットプロバイダです。

@tcomと同じく、キャッシュバックキャンペーンは行なっていないので、シンプルでわかりやすい内容を利用したい人におすすめです。

キャッシュバック金額 0円
セキュリティサポート 月額料金500円
メールアドレス 6つまで作成可能
メール容量 無制限
ホームページの容量 100MB
リモート(遠隔)サポート
スタッフ出張サポート

リモートサービスは行なっていないので、ある程度パソコンの設定が自分でできる人におすすめですね。

メールアドレスを取得するには別途で月額料金200円がかかります。

有料だというと割高なイメージが出てしまいますが、6つのアドレスを作れてデータ無制限で利用できるのでかえってお得かもしれません。

【DTI】

WiMAXなどほかのインターネット窓口でもおなじみのDTIですが、実は東京電力の関連企業なのです。

auひかりは東京電力との提携で行われていますから、DTIプロバイダは準公式的なポジションだと言えるでしょう。

キャッシュバック金額 0円
セキュリティサポート 月額料金490円
メールアドレス 1つまで作成可能
メール容量 5GB
ホームページの容量 100MB
リモート(遠隔)サポート 無料
スタッフ出張サポート 一回2,000円〜

DTIはキャッシュバックキャンペーンなどは行なっていません。

そのため、お得度でいうと他のサービスと比べて少しひくめ。

ただ、嬉しいサービスとしてリモートサポートが無料で行えるという点があります。

最初の設定時から、なにかトラブルが起きた時までいつでも相談してプロのスタッフに遠隔操作してもらうことができるんですよ。

このほかにも利用できるプロバイダはたくさんあります。

中には実際の内容よりも誇大した書き方であったり利用条件を小さく書くなどいじわるな記載をしているところもあるので、

申し込む前にかならずキャンペーンの内容と、利用条件を確認した上で申請してくださいね。

また、プロバイダからのキャッシュバックはもらえる時期が会社によって異なります。

申請が必要なケースもあるので、スケジュールやリマインドアプリなどを利用して管理しておきましょう。

auひかり公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です